女性や手の小さいFPSプレイヤーにオススメのゲーミングマウス9選!

小さいゲーミングマウスPC周辺機器
スポンサーリンク

現在使用しているゲーミングマウスに満足していても、ふとゲーミングデバイスを販売している店舗に訪れると、ついつい違うゲーミングマウスを試したくなってしまうDopey(@shunpoko)です。

今回はタイトルのとおり女性や手の小さいFPSプレイヤーにオススメのゲーミングマウス特集。もとい、自分で触れてみて感動したゲーミングマウスの特集です。

ちなみに筆者の手は手首から中指まで17cmと、日本の成人男性の中でも取り立てて小さいですし丸爪で手フェチの女性からは一切モテません。

スポンサーリンク

手の小さいFPSゲーマーがオススメするゲーミングマウス

SteelSeries Rival 110

価格4,000円
センサーオプティカル
サイズ120.6mm×68.0mm×38.1mm
重量87.5g
ボタン数6

デンマーク発ゲーミングデバイスブランド「SteelSeries」のローエンドモデルに該当するゲーミングマウスです。「小さなフォームファクタデザインを好むプレイヤーに」といった開発コンセプトにより、同ブランド内ゲーミングマウスでは最もコンパクトかつ軽量なデザインとなっています。

マウス感度に影響を与えるCPIは200~7,200の間で100CPIごとに設定が可能です。

旧モデルの『SteelSeries Rival 100』は僕の現在愛用しているゲーミングマウスで、過去に個別記事にてレビューしています。

『SteelSeries Rival 100』レビュー!手の小さいプレイヤーにオススメなゲーミングマウス
前回のゲーミングマウス購入から約1年半、早くもゲーミングマウスを新調しました。 購入したのはデンマーク生まれのゲーミングブランド「SteelSeries」の『Rival 100』というコンパクトなゲーミングマウス。 発売から2年...

本体サイズに差はほぼありませんが、本体重量は『SteelSeries Rival 110』の方が軽く、かつCPIの可変値が細かく設定可能なので、これから購入する方には『Rival 110』がオススメです。

Logicool PRO G-PPD-001

価格7,250円
センサーPMW3366
サイズ116.6mm×62.15mm×38.2mm
重量84.7g
ボタン数6

「PUBG JAPAN SERIES 2018」の推奨ギアに選定された「Logicool(ロジクール)」のFPS特化ゲーミングマウスです。Twitchストリーマーとして有名なShroud氏が愛用する『Logicool G303』に似たデザインで、こちらはFPS向けのクリック硬度となっています。

「PMW3366」と呼ばれるセンサーを採用しており、DPIは200から12,000までの設定が可能です。

Razer Abyssus V2

価格5,000円
センサーオプティカル
サイズ117.0mm×64.0mm×38.0mm
重量82g
ボタン数4

ゲーミングデバイス「Razer」のFPS向けゲーミングマウスとしては『Razer DeathAdder Elite』が最も有名ですが、こちらの『Razer Abyssus V2』はFPSだけに留まらずオールラウンドなゲームジャンルに対応したゲーミングマウスです。

かなりコンパクトなデザインとなっており、利き手を選ばずにかぶせ持ちやつかみ持ちだけでなくつまみ持ちにも対応しています。

専用ソフトウェアを使用することによりDPIを100から5,000まで設定可能で、4パターンまで記録が可能です。

ASUS P503 ROG Pugio

価格7,980円
センサー光学式センサー
サイズ120.0mm×68.0mm×37.0mm
重量103g
ボタン数8

ASUS製の左右対称型ゲーミングマウスです。

ミディアムサイズのボディながらも全高は120.0mmと抑えられているので、手が小さなプレイヤーでもかぶせ持ちやつまみ持ちがしやすい設計となっています。

コンセプトとしてはオールラウンドなゲームに対応したゲーミングマウスとのことで、幅広いジャンルでの活用が可能です。

FPSゲームに特化した兄弟機として『ASUS ROG P502 ROG GLADIUS II』というゲーミングマウスも登場しましたが、こちらはサイズがやや大きく手の小さいプレイヤーには扱いが難しいかもしれません。

BenQ Zowie FK2

価格8,000円
センサーオプティカル
サイズ124.0mm×64.0mm×36.0mm
重量85g
ボタン数5

リーズナブルなPCモニターブランド「BenQ」のゲーミングブランド「Zowie」が提供する左右対称ゲーミングマウスです。マウス幅こそは大きいものの全高が低く緩やかなカーブを描いたデザインのため手が小さい人でも持ちやすいのが特徴です。

DPIは400, 800, 1600, 3200の4パターンから選択するため細かなDPI設定は出来ませんが、シンプルで持ちやすさを追求したデザインなので一度触ってしまうと病みつきになります。

Logicool G PRO Wireless

価格18,380円
センサーHERO 16K
サイズ125.0mm×63.5mm×40.0mm
重量80g
ボタン数4~8

価格はブッ飛んでいますが、その性能は折り紙付き。あまりの人気っぷりに発売から間もなくして品切れ状態が続いた歴史に残るレベルのゲーミングマウスです。

ワイヤレスにも関わらず80gの超軽量で、無線の課題である遅延(レイテンシ)や接続性を克服しており、コードを気にせずにガンガン振れるデバイスとなっています。

ロジクール史上最高精度のセンサー「HERO 16K」を採用しており、マウスをどれだけ早く動かしても正確に読み取り、ブレがありません。

国外向けパッケージの「Logitech」でも同製品がリリースされており、タイミングによっては安く購入が可能です。

Xtrfy M1

価格8,190円
センサーPMW 3310光学センサー
サイズ129.0mm×59.0mm×39.0mm
重量95g
ボタン数5

スウェーデンにて設立されたゲーミングブランド「Xtrfy(エクストリファイ)」のコンパクトゲーミングマウス。日本国内では馴染みのないブランドでしたが、2018年6月より「パソコンSHOPアーク」を中心に国内展開され、多くの店舗で見かけるようになりました。

ゲーミングマウスとしてはコンパクトながらも、人間工学に基づいたエルゴノミック形状で手に馴染みやすいデザインをしています。当記事で紹介しているゲーミングマウスの中でもマウス幅が59.0mmと特に狭く、手があまり大きくないプレイヤーにとっては非常に扱いやすい形状と言えるでしょう。

個人的に触れた印象としては、サイドボタンが他のゲーミングマウスと比較して手前に位置しているので、あまり親指を伸ばさずとも両サイドボタンを押下できる点が手の小さいユーザーにとって利点だと感じました。

Glorious Model O

価格7,560円
センサーPixart 3360オプティカルセンサー
サイズ128.0mm×66.0mm×37.5mm
重量67g(マットモデル)68g(グロッシーモデル)
ボタン数6

2014年にアメリカで設立された「Glorious PC Gaming Race(グロリアスPCゲーミングレース)」のゲーミングマウス。以前は海外から直接購入するしかありませんでしたが、2019年8月29日より国内でも販売が開始されるため、入手しやすくなりました。

一世を風靡したNinjaモデルの『Finalmouse Air58』を模したハニカムデザインが採用されており、本体重量は67gと非常に軽いです。本体サイズも一般的なゲーミングマウスと大きく差はなく、多くのプレイヤーの手に馴染みやすい形状となっています。

専用ソフトウェアを使用することでDPIを400~12,000まで変更可能。このサイズでもしっかりとイルミネーションが点灯してくれます。

Razer Viper

価格10,299円
センサーRazer 5G オプティカルセンサー
サイズ126.73mm×66.2mm×37.81mm
重量69g
ボタン数8

2019年8月22日より国内で販売開始された「Razer(レイザー)」の軽量ゲーミングマウス。流行のハニカムデザインを採用せずに69gという軽さを実現した驚きのデバイスです。

Razerの名機である『DeathAdder』シリーズと比較してもコンパクトで、手の小さいプレイヤーにもフィットしやすいサイズ感。つかみ持ちやつまみ持ちのプレイヤーに最適なフォルムをしています。

その驚きの軽さに加え、マウスクリックの応答速度0.2ミリ秒。Razer 5G オプティカルセンサーによって最大16,000DPIと99.4%の追跡精度を実現した正確さと軽さを兼ね備えたゲーミングマウスとなっています。

さいごに

以上、手の小さい人や女性にオススメのゲーミングマウス特集でした。

まとめていて思ったのですが、僕はマウスの高さが38mmより少し低いくらいが好みなのかなと思いました。参考になれば幸いです。