『レインボーシックスシージ 父ノ背中×60FPS杯 road to 超会議2019』は接戦の末に父ノ背中が勝利!

R6S(レインボーシックスシージ)
スポンサーリンク

4月28日、幕張メッセにて『レインボーシックスシージ 父ノ背中×60FPS杯 road to 超会議2019』が開催されました。

本大会はDiscordコミュニティ「60FPS」内で予めオンライン予選を実施し、見事に優勝したチーム『LBX』が超会議2019のオフライン会場でプロゲーミングチーム『父ノ背中』と直接対決する企画です。

実況解説陣にはお馴染みのふり~ださん、父ノ背中所属BEEさん、FAV gaming所属OdeNMisoさん

父ノ背中の大会メンバーであったNoTimeGG選手の穴を埋めたのは、なんと『DetonatioN Gaming』所属のDustelBox選手。

チーム父ノ背中 左からApple選手、きんち選手、Kakkī選手、DustelBox選手、けんき選手

対する「60FPS」コミュニティのオンライン大会を勝ち抜いたLBXは緊張感を感じさせない陽気な挨拶を冒頭から交わしていきます。

チームLBX 左からRosaliyboya選手、Coffin選手、No2.選手、M4sh選手、kozakura選手

試合前になんとクイズが始まり、お互いのチームをゲーム内のランクシステムに沿って格付けしていくことに。

出題の内容はスポーン地点、オペレーターの本名、ガジェット、シージグッズ、銃声の計5問

解説ゲストのBEEさんも父ノ背中メンバーを応援する…と思いきや不正解だったチームメンバーを煽っていきます。

第4問を終了した時点で父ノ背中はノーランク LBXはコッパーと決勝戦とは思えない格付けに

最終問題はお互いに正解し3,000ポイントを取得し、父ノ背中はプラチナ、LBXはダイヤとそれぞれランクが決定。ランクが上のLBXは攻撃または防衛どちらでスタートするかを選択することができ、攻撃を選択しました。

マップは海岸線 BANオペレーターはNOMAD JACKAL MAESTRO MIRA

kozakura選手が1ラウンド目からKakkī選手をファーストブラッド。プロゲーマー相手に序盤から勢いを見せつけていきますが、けんき選手のカバーと2階からの迎撃によって1ラウンド目は父ノ背中が取得。プロゲーマーの意地を見せます。

毎ラウンド序盤は優勢を見せるLBXですが、カバーのタイミングやクロスの組み方では父ノ背中がやはり上手。4ラウンド目までは完全に父ノ背中のペースでマッチが進んでいきます。

チームの危機を何度も救ったkozakura選手

5ラウンド目にはプラントに成功したLBXが初のラウンド取得。徐々に攻めのタイミングが合ってくる様子を伺えました。

マッチポイントに追い込まれた10ラウンド目には人数不利の状況からプラントされるも、kozakura選手が見事に撃ち合いを制しディフューザー解除。チームの士気を上げます。

得意のMAESTROをBANされるも防衛時の砦として奮闘するApple選手

しかし、そんなLBXの勢いもプロゲーマーの意地によってかき消されます。LBXの攻撃タイミングを掴んだ父ノ背中はラウンドを取られても試合の流れは取らせません。

LBXが食いつくも、試合は7-4で父ノ背中の勝利。LBXは何度も会場がざわめくシーンを見せてくれましたが、残念ながら敗北してしまいました。

試合後インタビューに答えるけんき選手

決勝まで足を運んだLBXメンバーに、けんきさん自身のブランド『neutoronica(ニュートロニカ)』のパーカーがプレゼントされます。

試合後も和気藹々とした様子で、お互いレインボーシックスシージというゲームを最高に楽しんでいる様子が伺えました。

LEVEL∞(レベル インフィニティ)父ノ背中コラボモデルのゲーミングPC

試合で使用されたゲーミングPCは「LEVEL∞ 父ノ背中コラボゲーミングPCicon」、モニターは「GigaCrysta LCD-GC251UXB」、ゲーミングチェアは「AK-Racing」がそれぞれ提供されています。

R6S(レインボーシックスシージ)
スポンサーリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!