『BenQ ZOWIE XL2411P』レビュー 格安ながらも144Hzに対応した定番のゲーミングモニター

BenQ ZOWIE XL2411P PC周辺機器
スポンサーリンク

eスポーツライターのDopey(@shunpoko)です。

今回の記事では、144Hzに対応したゲーミングモニター『BenQ ZOWIE XL2411P』をレビューしていきます。

実は2018年春に購入した製品なのですが、執筆している2020年春現在でも売れ筋のゲーミングモニターということで、需要があるだろうと思って記事にしました。

BenQ ZOWIE XL2411P レビュー

詳細スペック

画面サイズ 24インチ
アスペクト比 16:9
最大解像度 フルHD(1920×1080)
パネル TN
応答速度 1ms(GtG)
入出力端子 DVI-DL×1
HDMI×1
DP 1.2×1
ヘッドフォンジャック×1
リフレッシュレート 144Hz
外形寸法 559×570×219mm
重量 約3.6kg(本体)
約5.8kg(総重量)
特徴 高さ調整機能
Black eQualizer
Color Vibrance
ブルーライト軽減モード
フリッカーフリー

写真ギャラリー

BenQ ZOWIE XL2411P

BenQ ZOWIE XL2411P 正面

BenQ ZOWIE XL2411P

背面にはZOWIEのブランドロゴをプリント

BenQ ZOWIE XL2411P

モニターは左右45度まで旋回が可能

BenQ ZOWIE XL2411P

高さは0mmから130mmまで調整可能

BenQ ZOWIE XL2411P

モニタースタンドにはケーブルホルダーが付属

BenQ ZOWIE XL2411P

ベゼルは実測で約20mm

BenQ ZOWIE XL2411P

入出力端子は左からDP1.2、DVI-DL、HDMI

BenQ ZOWIE XL2411P

サイドにはヘッドフォンジャックが付属

XL2411Pの良い点

144Hz対応ゲーミングモニターとしては格安

BenQ ZOWIE XL2411P

ユーザーマニュアルには「MONITOR FOR e-SPORTS(eスポーツのためのモニター)」と書かれている

XL2411Pを購入する決め手となったのは、やはり価格。筆者はAmazonで購入したのですが、購入時(2018年2月1日)では30,798円、この記事を書いている2020年3月22日では24,839円となっています。

購入した当時、144Hzに対応したゲーミングモニターの中でもXL2411Pは断トツの安さでした。2020年3月現在では他ブランドからも、同価格帯の144Hz対応ゲーミングモニターが登場していますが、XL2411Pは変わらず売れ筋の製品となっています。

XL2411Pは「144Hz対応ゲーミングモニターが欲しいけど、価格は抑えたい」という方のニーズに応えた製品です。お手頃な価格で、手軽に144Hzを体験することができます。

Black eQualizer機能が優秀

BenQ ZOWIE XL2411PBenQ ZOWIE XL2411P

XL2411Pには「Black eQualizer」という機能が付いています。簡単に書くと、この機能はゲームにおける暗いシーンでの視認性を調整する機能です。

上記写真では、Black eQualizer設定を0と20でそれぞれ比較できるようにしました。写真越しでも画面の明暗差がはっきりと分かると思います。

FPSなどのゲームをプレイしていると、暗所で敵を視認しにくい時があります。通常のモニターではハイライトやシャドウなどの複数のパラメータを設定しないと、安定した視認性を得ることができません。

しかし、XL2411PではBlack eQualizerのレベルを調整するだけで、簡単に視認性を調節することができます。このBlack eQualizer機能は個人的にかなり使い勝手がよいと感じており、XL2411Pの強みでもあると感じました。

操作ボタンがモニター下部に位置している

BenQ ZOWIE XL2411P

モニター下部に設置されたボタン

複数のモニターを横並びに設置している人にとって、操作ボタンがモニターのサイド部にあると、位置によっては押しにくい(押せない)ことがあると思います。

XL2411Pは設定を変更する操作ボタンがモニターの下部にあるので、複数のモニターを並べているような環境でも、ボタンを押すのに苦労しません。

XL2411Pの気になる点

工場出荷状態のままだと見にくい

BenQ ZOWIE XL2411P

XL2411Pにはさまざまな画像モードが用意されている

多くのレビュアーから言われていることですが、工場出荷状態のXL2411Pは白すぎて見にくいです。

購入時そのままの設定でゲームをプレイすることはオススメできません。ある程度、自分で見やすいように調整しておきましょう。

XL2411Pを2年ほど使用してきた筆者の設定を書いておきます。WindowsやNVIDIAの設定によって見え方は異なりますが、よければ参考にしてみてください。

モード RTS
輝度 20
コントラスト 30
ブルーライト軽減 10
Black eQualizer 10
ブレ軽減 オン
色温度 ユーザー
赤:100
緑:100
青:100
色相 48
色の鮮明さ 18
色のリセット いいえ
AMA プレミアム
インスタントモード オン
シャープネス 10

上記の設定では白すぎる、という方は下記の設定を試してみてください。

モード 写真
輝度 20
コントラスト 25
Black eQualizer 10
色温度 ユーザー
赤:100
緑:100
青:100
色相 50
色の鮮明さ 10~12(お好みで)
色のリセット いいえ
AMA プレミアム
インスタントモード オン
シャープネス 10

XL2411P総評

以上、BenQ ZOWIEのゲーミングモニターXL2411Pのレビューでした。

とにかく安く144Hz対応のゲーミングモニターが欲しい」という方にはピッタリな製品だと思います。

60fpsと144fpsの違いは、ゲームの優位性に大きく影響します。実際に筆者は60HzのモニターからXL2411Pに換えたことで、FPSゲームでのキルレートが1.0近く増加しました。高リフレッシュレート対応のゲーミングモニター、いいですよ。

PC周辺機器
スポンサーリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!