HyperXの新作ワイヤレスゲーミングマウス『Pulsefire Dart』に触れてみた感想【TGS2019レポート】

PC周辺機器
スポンサーリンク

9月12日~15日にかけて開催された「東京ゲームショウ2019(TOKYO GAME SHOW 2019)」にて、ビジネスデイの初日である12日にゲーミングブランド「HyperX」の新作ゲーミングデバイスが発表されました。

今回発表された新作ゲーミングデバイスは『Cloud Alpha S』『Pulsefire Dart』『ChargePlay Base』の3種類で、多くのゲーマーがブースに展示された各ゲーミングデバイスの感触を確かめていました。

中でも著者が注目したのは同ブランド初のワイヤレスゲーミングマウスとなる『Pulsefire Dart』です。実際に触れてみた感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

『HyperX Pulsefire Dart』のスペック

国内発売日2019年9月30日
価格12,980円
形状エルゴノミクス
電波周波数2.4 GHz
センサーPixart 3389センサー
DPIプリセット数3
最大DPI16,000 DPI
スイッチオムロン製
クリック耐性5,000万回
最大駆動時間50時間

公開されている情報は上記の通り。サイズや重量といったデータはおそらくまだ公表されていないようです。

『HyperX Pulsefire Dart』の写真

『HyperX Pulsefire Dart』に触れてみた感想

率直な印象ですが、触れた感触やサイズ感はRazerの人気ゲーミングマウス『DeathAdder Elite』にかなり近いです。エルゴノミクス・デザインが採用されたゲーミングマウスはどうしても形状が似てしまうのかもしれません。

かぶせ持ち、つかみ持ち、つまみ持ちすべてで滑走させてみましたが、どれもしっくりくる印象。サイドグリップが大きいのでしっかりとしたグリップ力があり、長時間使用しても手汗で滑ることはなさそうです。

憶測ですがサイドボタンの位置は『Pulsefire Dart』の方がやや手前なので、手前のサイドボタンは親指のIP関節あたりで押すのが丁度よいと思います。

気になるのは重量です。近年のゲーミングマウスは軽量化が進む傾向にありますが『Pulsefire Dart』は持った瞬間にそこまで軽いとは感じませんでした。海外のフォーラムでは110gあるのではないかと書かれていましたが、感覚的には90g前後だと思います。

いずれにせよ正確な重量やサイズの情報がないので、リリース前にぜひ公表して頂きたいところです。

充電はUSBケーブル接続による充電とQiワイヤレス充電どちらにも対応しています。

同じく9月30日発売の新作デバイス『ChargePlay Base』の上に置けばQiワイヤレス充電が可能です。ただし、他メーカーで最近流行っているマウスパッド上での充電形式ではないので、マウスを使用しない時はこまめに充電させる必要がありそうです。

また、フル充電までにかかる時間も公表されていないので、その点も気になるところ。

「HyperX」の新作ゲーミングデバイス『Cloud Alpha S』『Pulsefire Dart』『ChargePlay Base』はAmazon Japanにて限定プレオーダー実施中です。

関連リンク

HyperX - ゲーミングヘッドセット、キーボードなど – WE’RE ALL GAMERS
高いパフォーマンスを誇るDDR3およびDDR4メモリ、USBフラッシュドライブ、ソリッドステートドライブ (SSD)、プロゲーマー向けヘッドセット、マウスパッド。ゲーマーやオーバークロッカー向けの製品ラインナップです。

引用元:プレスリリース