Dopeyのデスク環境 ゲーム実況動画を生み出す配信環境やPCスペックなど

      2018/04/19

ライターなんだかブロガーなんだかゲーム実況者なんだか配信者なんだかよく分からない人の作業環境です。

自身のYouTubeチャンネル動画概要欄より移植しました。

スポンサーリンク

adsense

ゲーミングPCスペック

2018年4月から稼働しているゲーミングPC。初めての自作PCでもあります。

マザーボード

ASUSTek ROG STRIX H270F GAMING

ゲーミングPCにピッタリな光るマザーボードです。

CPU

Intel Core i7 7700

OC非対応のIntel第7世代CPU。

CPUクーラー

DEEPCOOL

ドスパラで購入したMAGNATE MX6500に付属していたCPUクーラー。冷却能力がそこまで高くないので交換する予定です。

ビデオカード

ASUS STRIX GTX1080 A8G GAMING

ハイエンドモデルに相応しいゴツゴツデザインのGTX1080をチョイス。セミファンレス仕様なのでゲームプレイ時以外はおとなしいです。

メモリ

Crucial DDR4-2133 8GB

なんの装飾もない武骨なRAMちゃん。

SSD(OS用)

Samsung 960EVO M.2 Type2280 250GB

2.5インチSSDよりも読み書きが早いと評判なのでM.2タイプのSSDをチョイスしました。

SSD(データ用)

Kingston UV400 480GB

変なオッサンが描かれています。

電源ユニット

Corsair RM650x

80PLUS GOLD認定。自作PC初心者にも組みやすいフルモジュラーケーブル仕様です。

PCケース

NZXT S340 BK

Razerコラボで有名なNZXTのシンプルなPCケース。10,000円前後で透明のサイドパネルを搭載しており、配線も隠しやすいので自作PC初めての人にもオススメです。

配信エンコードPCスペック

ドスパラの"Magnate MX"をベースにカスタマイズしています。

マザーボード

ASRock H110M-HDV

ドスパラのDiginnos標準搭載のマザーボード。新しくゲーミングPCを自作するまで第7世代CPU載せていたのでBIOSバージョンをP7.10へアップデートしています。

CPU

Intel Core i5 6500

普通にゲームをプレイするだけであれば充分なCPUですが、残念ながらPUBGをプレイしながら配信するとカクつきます。

ビデオカード(グラフィックボード)

玄人志向 GeForce GTX1060 3GB

マルチディスプレイ目的で購入したPCのため初期搭載はPalit GeForce GTX750Tiでしたが、なぜかPCゲームにハマりだし購入してしまったビデオカードです。電源ユニットのpinが足りず3GBにしていますが、PUBGでも120フレーム前後を維持しているので、特に不満はありません。

PCデバイス

ブランドの統一感はゼロ。

メインモニター

BenQ XL2411P

ゲーム用途で購入し、ライティングでも使用しているモニターです。ブルーライト軽減機能のお陰で部屋をムーディに暗くしても目が疲れないのがグッド。接続にはディスプレイポートを使用しています。

<参考>PCゲームのボーダーレス設定で144FPSを出す方法

サブモニター

BenQ GW2255HM

コスパに優れた安価なモニター。2台所有しておりDVI-DとHDMIでそれぞれ接続しています。

マウス

Steelseries RIVAL 100

FPSゲーム用途で購入したゲーミングマウス。CPIは1250で設定しています。

<参考>FPS向きゲーミングマウス"Rival 100"は手の小さいプレイヤーにオススメ

マウスパッド

Logicool G240

秋葉原を散歩している際にセール品で購入しましたが、2年以上も使用しており写真映えも良くないほど白くなっているので、そろそろSteelSeries Qckを購入する予定です。

キーボード

FILCO Majestouch2 赤軸

うるさすぎず心地よい打鍵が持ち味のキーボード。しっかりとした打鍵感がキーボード入力を楽しくしてくれます。

<参考>ライティングやFPSゲーム向けのキーボード"FILCO Majestouch2"をレビュー

その他デスク環境

机や配信録画環境など。

オーディオインターフェイス

Roland UA-25EX

10年近く使用しているオーディオインターフェイスですが、バリバリの現役。もともとDTM用途で購入しましたが、見事にゲーム実況動画や配信へ流用されました。

マイク

BEHRINGER XM8500

こちらも10年以上ずっと使い続けているBEHRINGERの安いマイク。かの有名なSHURE SM58を少しくぐもらせた音質のため、地声が高い僕にはピッタリでした。

マイクスタンド

SYMPHA マイクスタンドアーム

<参考>ゲーム実況者や配信者のマイクスタンドとしてオススメ!SYMPHAのマイクスタンドアーム

サウンドカード

Creative Sound BlasterX G5

2018年4月から2PC配信を開始したため、PC間のサウンドを伝送する役割でゲーミングPCと配信PCにそれぞれ1台ずつ接続しています。

ヘッドセット

Kingston HyperX HX-HSCL-SR

部屋の雰囲気に背かないシンプルなデザインと密閉性が好み。

<参考>FORTNITEやPUBGなどのFPSにオススメなゲーミングヘッドセット"Kingston HyperX HX-HSCL-SR"をレビュー

モニターヘッドフォン

Sony MDR-ZX500

同価格帯ヘッドフォンの中では、かなり音の解像度が高くコスパが高い製品です。原音に忠実すぎてゲームには向かず、音楽鑑賞用として使用しています。

モニターイヤフォン

JVC HA-FX1X

頭の悪い音楽を聴く際に使用する頭の悪いイヤフォン。音の解像度は低いですが、とにかく不自然なドンシャリが楽しめるので、割とゲームでも重宝しています。

キャプチャーボード

MonsterX U3.0R

据え置きゲームを実況する為に購入したものの、PCゲームの普及に伴いあまり使用されなくなった残念な子。

と思いきや2018年4月から2PC配信に切り替えたため、配信では必ずといっていいほど使用しています。

Webカメラ

Logicool c920r

あまりにも使用しておらず可哀そうなので、最近は鏡代わりに使っています。

<参考>LogicoolのハイエンドWebカメラ"c920r"を購入したのでレビューや設定例など

チェア

DXRACER DXZ-LB

部屋のインテリアで最も異色を放つゲーミングチェア。でも本当に使い勝手が良く、腰への負担が軽くなり姿勢が良くなりました。

<参考>デスクワークにも最適なゲーミングチェア"DXRACER DBZ"シリーズをレビュー

PCデスク

LOWYA パソコンデスク

幅180cmを使用。必要な周辺機器はほとんど置けるので、足回りがスマートになりました。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - PC, 生活