財布を持たない生活を1ヶ月続けてみたけど特に不便は無かった

生活
スポンサーリンク

財布を持たない生活を始めて早1ヶ月、以前から欲しかった財布をAmazonほしいものリストから削除したDopey(@shunpoko)です。

今まで使用していた財布からすべての現金とカードを抜き取り、ペラペラになった財布を部屋に放置しておくのはなかなか慣れませんでしたが、1ヶ月が経過した今では割と気楽なものです。

今回の記事では「財布を持たない生活」と「財布を持たないメリット」についてまとめていきます。

財布を持たない生活とは?

読んで字のごとく、財布を所有せずに仕事や遊びに行くことです。

普段から財布の中に入っている物すべてを持ち歩かない…ということではなく、買い物に使用するクレジットカードや、身分証明するための免許証は持ち歩きます。

では、どうやってクレジットカードや免許証などを携帯するかというと、マネークリップ財布ステッカーを使います。

アクセサリーとしても使えるマネークリップ

上記の写真は数年前に購入した「マネークリップ」です。僕はクレジットカード、保険証、免許証、マイナンバーカードを挟んで持ち歩いていました。

そのままポケットに入れておくのもアリですが、せっかくファッションのワンポイントになるので、ズボンの前ポケットに挟んで使います。

ただし本来は紙幣を挟むものなので、頻繁に抜き差ししているとカード類が傷ついてしまいます。

スマートフォンと一緒に持ち歩ける財布ステッカー

マネークリップはカードを痛める原因となってしまうので、僕は現在「財布ステッカー」をスマートフォンのカバーに貼り付けて使用しています。

財布ステッカーの中にクレジットカード、保険証、免許証、マイナンバーカードなど出先で必要なカード類を入れているので、スマートフォンさえ持ち運べば出先で必要なカード類は一通り携帯できるというスグレモノです。

 

財布ステッカーの存在を知ったのは上記の動画。世界的に有名なDJであるZeddも愛用しています。

田舎だと少し不便かも

財布を持ち歩かないということは現金を持ち歩かないということなので、基本的に決済はクレジットカードがメインとなります。スマートフォンでの支払いもアリですが、支払いアプリが乱立しすぎて管理が面倒なので僕は避けています。

そのため、クレジットカードが使用できない店舗では基本的に買い物はできません。

しかし、財布を持たない生活を続けているとクレジットカードが使用可能な店舗かそうでないかが判断できるようになってきます。今の時代でならスマホで調べればスグに分かりますしね。

チェーン店の少ない地方で財布を持たない生活は少し不便を感じるかもしれません。

財布を持たないメリット

1ヶ月ほど財布を持たない生活を続けてみて、感じたメリットをまとめていきます。

ポケットが出っ張らない

ファッション的に重要なポイントです。財布をポケットに入れると、どうしてもその部分が出っ張ってしまうんですよ。

僕はもともとお尻のポケットに財布を入れていたのですが、友人に撮ってもらった写真を見るとお尻が出っ張っててダサいんですよね。せっかくスキニーを履いて少しでも短い脚を長く見せようと努力しても、お尻が出っ張って変なフォルムになってしまいます。

財布を持たないだけでスタイルが良く見えるのは大きなメリットです。

外食が減る

財布というより、現金を持ち歩かないメリットですね。

小銭を持たないので「ちょっとお金が余ってるから、軽く買い物していくか」という衝動買いを防ぐことができます。

普段から資金の管理を徹底している方であれば起こり得ないかもしれませんが、財布の紐がゆるい人は、財布を持ち歩かないことで無駄な出費を防げるかもしれません。

生活
スポンサーリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

dopeylog