CoD全盛期を体験したFPSプレイヤーよ『Call of Duty: Mobile(CoDモバイル)』に帰ってこい

ゲーム/eスポーツ
スポンサーリンク

10月1日、Call of Dutyシリーズのスマホ向けアプリ『Call of Duty: Mobile(以下、CoDモバイル)』が登場しました。

3月にリリース前情報が発表されてからというものの、あまり情報のアップデートがなく忘れかけていましたが、Twitterのトレンド入りしていたのをキッカケに本リリースされたことに気付きました。

早速『CoDモバイル』をプレイしてみましたが、名作と名高いCoDシリーズを遊んできたプレイヤーであれば思い出が蘇るゲームで、古参は歓喜すること間違いなしです。

過去の名マップがモバイルに蘇る

『CoDモバイル』で遊べるマップは過去のCoDシリーズに登場したマップだらけです。むしろオリジナルはありません。

2007年に登場した『Call of Duty 4: Modern Warfare(CoD:4)』からは「CROSSFIRE」「CRASH」の計2マップ。

2010年に登場した『Call of Duty: Black Ops(CoD:BO)』からはシリーズ定番となった「NUKETOWN」「FIRING RANGE」の計2マップ。

2012年に登場した『Call of Duty: Black Ops II(CoD:BO2)』からはCoD:BO2「HIJACKED」「RAID」「STANDOFF」「TAKEOFF」の計4マップがそれぞれ登場します。

過去シリーズで人気の高い作品からマップを復刻させることで、CoDの全盛期を体験したプレイヤーにとってはたまらないマッププールとなっています。

CoDシリーズ特有のゲームスピードはモバイルでも健在

CoDシリーズといえばFPSゲームの中でもアクション性、スピード性に富んだシリーズとして人気を博した作品です。

モバイル版となると、処理速度がネックとなり操作性やスピード性に欠いてしまうのではないかと懸念されていましたが、実際にプレイしてみるとその不安は払拭されました。

CoD特有のスピード感は変わらず、かつ過去シリーズで行えたアクションのほとんどが『CoDモバイル』でも実現できます。

過去シリーズのマップが復刻しているのも相まって「あ、これCoDだ」と過去の思い出や操作感がフラッシュバックする作品が、この『CoDモバイル』です。

関連リンク

Call of Duty Mobile | Home
スリル溢れるCall of Dutyのバトルを外でも楽しもう。最高峰のFPS無料モバイルゲームのバトルロイヤルやマルチプレイヤーで、お馴染みのキャラクターになってプレイできる。今すぐ無料でダウンロードしよう。
ゲーム/eスポーツ
スポンサーリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!