dopeylog

eスポーツ、ゲーム実況、ライブ配信、雑記

『Apex Legends』はPUBGやフォートナイトを超えるバトルロイヤルゲームとなるか?

   

2月5日に突如としてEAよりリリースされた新作バトルロイヤルFPSゲーム『Apex Legends』。

タイタンフォールでお馴染みの"Respawn Entertainment"が開発元ということで名を馳せている同作品ですが、プレイヤーからの評価はかなり高い模様です。

僕も早速プレイしてみましたが、2019年に最も流行りそうなバトロワゲームとしてのポテンシャルを感じたので、プレイした感想をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

adsense

『Apex Legends』とは?

3人1組のチームを計20チーム集めた最大60名で戦うバトルロイヤルゲームです。

ソロモードやデュオモードは実装されておらず、1人でマッチングすると自動的にチームが組まれる仕様となっています。

基本プレイが無料のF2P(Free to Play)で、ゲーム内スキンや装飾アイテムはリアルマネーで購入することが可能です。

今後のアップデートでクロスプレイが可能に?

リリース時点でプレイ可能なプラットフォームはPC(Origin)、プレイステーション4、Xbox Oneの3機種。

それぞれプレイするサーバーは異なりますが、今後は他のプラットフォーム間でもフレンドと一緒にプレイが可能な"クロスプレイ"に対応する予定であると開発者は語っています。

昨年頃からゲームタイトルにおけるクロスプレイの重要性が浮き彫りになっているので、プレイヤーの熱が高いうちに是非とも導入して欲しいところです。

名作タイトルの良いところを詰め込んだ作品

『Apex Legends』をプレイして真っ先に「これまでプレイしてきた名作タイトルの良い点が詰まっている」という感想が浮かびました。

『H1Z1』や『PUBG』を代表とするバトルロイヤルゲームに則り「マップ内で生存者同士が争い最後に残った1チームが勝者となる」「時間と共に戦闘エリア(リング)が縮まる」「武器や補助アイテムはマップ内で探索する」といったルールはお馴染みです。

さながら『タイタンフォール』を彷彿とさせる広大なフィールド。

マップ内にはプレイヤー情報を映すデジタルサイネージや、移動時間を短縮させるジップラインなど、『フォートナイト』のようなコミカルさも伺えます。

バトルロイヤルゲームでは珍しく、プレイヤーが選択したキャラクター(レジェンド)毎にアビリティやアルティメット(Ult)が用意されています。

こういった要素から、『オーバーウォッチ』のようにMOBA的な幅広い戦術を生み出すことが可能です。

プレイしてみた感想

メチャクチャ面白いしやり込みたいです。

先日レビューした『Anthem』でも同じ感想を漏らしているので、2019年のEA作品には有望タイトルが目白押しかも?

www.ea.com/ja-jp/games/anthem体験版リリース直前からSNSや動画配信サイトでめちゃくちゃ話題になっていたEAのゲーム『Anthem』体験版がリリースされました。ゲーム自...

操作性がとても良く、移動やアクションおよび戦闘において一切のストレスを感じませんでした。

壁をよじ登れたりスライディングで移動できたりと、アクションスピードも非常に早いのでテンポよくマッチが進行します。

また、性能が突出したウエポンやアイテム、アビリティがないのでゲームバランスが非常によくできています。

現状ではややショットガンが強いかなという印象ですが、それでもベータ版の公開なしにここまでのクオリティを維持できるのは素晴らしいの一言。

味方プレイヤーを復活させることが可能なリスポーンビーコンは、多くのプレイヤーに待ち望まれていたであろうシステムです。

リスポーンビーコンを使用するには条件とリスクが伴いますが、観戦状態で暇となってしまったプレイヤーに再びチャンスが訪れる仕組みは、今までのバトルロイヤルゲームでは類を見ない救済措置であり『Apex Legends』の最大の特徴とも言えるでしょう。

さいごに

2018年はバトルロイヤルゲームが飽和状態となった年です。

『Call of Duty: Black Ops 4』はバトルロイヤルモード"Blackout"を搭載し、過去作品のマイナスイメージを払拭する勢いを見せましたが、フルプライスのためかロングセラーとはならず『PUBG』や『フォートナイト』には及びませんでした。

『荒野行動』は一悶着があったものの、アジア圏の若者を中心にスマートフォン向けバトルロイヤルゲームとしてのスタンダードを確立しましたが、世界的には『PUBGモバイル』の方が人気は高いです。

そんな最中『Battlefield 5』の不調で今期204億円の大赤字を叩き出したEAから、リリース前の情報がほとんど無い『Apex Legends』が唐突に登場し、リリースから24時間で250万人のユーザーを獲得しました。

リリース直後ではありますが、ゲーム配信プラットフォーム"Twitch.tv"では『フォートナイト』の倍近くの視聴者が集っており、出だしはかなり好調と言えるでしょう。

つい先日ベータ体験版の期間が終了した『Anthem』ではサーバーの脆弱性が課題となっていましたが『Apex Legends』のサーバーは比較的に安定しています。

クロスプレイの実装や新システムの導入など、今後のアップデートにもかなりの期待が寄せられることでしょう。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ゲーム/eスポーツ