人狼殺の盤面整理は宝田健志(高田健志)に学べ!

      2018/12/09

当ブログでこの人物をピックアックするのは何度目になることやら。

過去に幾多の炎上を繰り返してきたイメージを払拭するかの如く、高度な考察力と発言力で他プレイヤーを圧倒する自称人狼界最強プレイヤー高田健志さんこと宝田健志さん。

最近は人狼殺の配信に夢中となっている筆者が、彼の魅力について綴っていきます。

スポンサーリンク

adsense

人狼殺プレイヤー宝田健志(高田健志)の魅力

宝田健志(高田健志)さんの人狼プレイヤーとしての魅力は、なんといってもそのズバ抜けた『盤面整理の速さ』にあります。

5年の人狼ゲーム歴で培ったその盤面整理力は発言するだけで白目がとれ、他のプレイヤーからも称賛されるほどの説得力です。

その盤面整理力はどの役職でも村目に置かれやすく、騙りだとしても強い説得力を持っているため、最終局面まで生き残りやすい印象があります。

フルオープンおじさん

宝田健志(高田健志)さんの進行論はとにかく役職FO(フルオープン)することです。

2018年12月現在では様々なプレイスタイルでの進行が増えてきたため、以前ほど強く役職FOを促す機会は減りましたが、それでもなお役職FOの強さを力説しており、自他共に認める"FOおじさん"として名を馳せています。

役職FOがゲームプレイヤー全体に浸透してきた影響もあり、最近では自ら役職FOを推す機会が減ってきたというのが正しいかもしれません。

相も変わらず人狼殺のゲーム配信を視聴し始めると釘付けになってしまうDopey(@shunpoko)です。自分自身は人狼に関してエアプもいいところなのですが、最近になりスマ...

パッションに弱い?

そんな圧倒的な盤面整理力を持つ一方で、苦手とするのが"パッション"です。

発言内容よりも盤面を優先すると自ら語っていますが、他プレイヤーの発言から村感情を察してしまうと、そのプレイヤーの真目を追ってしまうとのこと。

最近は配信内で「言ってることメチャクチャだけど真っぽい」という発言をよく聞くようにもなりました。

用語

配信で頻繁に使用される用語をまとめていきます。

黒打ち放題理論

9人進級局で役職FOを提唱すると必ずといっていいほどカウンターで発言される黒打ち放題理論。

内容としては「ハンターが出てしまうと狂人がグレーにいくらでも黒を出せる」という論なのですが、実際のところグレーに人狼が含まれる割合が多いので誤爆の可能性の方が高いです。

役職FOが浸透してからは聞く機会こそ減りましたが、稀に発言されるとコメント欄が「あっ」「クロウチホーダイ」で埋まります。

狩人真理教

人狼殺における狩人という役職は非情に弱く、かつ人狼陣営に乗っ取られた際のケアが非情に面倒な役職です。

そのため狩人は「白を確定させる為に初日でCOし噛まれる」という極めてしょーもない最期を遂げる役職として認識されています。

しかし上記を認識していないプレイヤーは狩人の潜伏を強く推し、かつ狩人のCOを促したプレイヤーに黒塗りする...それが狩人真理教と呼ばれるプレイヤー達です。

頻繁に同村するプレイヤー

プレイする時間帯にもよりますが、宝田健誌(高田健志)さんの人狼殺配信では頻繁に同村し視聴者からも認知されている個性的なプレイヤーが増えてきました。

この項では「人狼殺オールスター」と呼ばれる頻繁に同村するプレイヤーを紹介していきます。

シバケン

宝田健誌(高田健志)さんの人狼殺配信に必ずといっていいほど同村し、ゲーム終了後には感想をコメントで残していくプレイヤー。

盤面整理力に長けており考察もしっかりしているが、唐突に様々なプレイスタイルを試し始めるためトラブルメーカー的な存在となっている。

顔面半魚人GEN

宝田健誌(高田健志)さんを慕う人狼ゲームに対して非情にストイックで戦績も伴った実力派プレイヤー。

発言ではプレイヤー目線を明確にするため「自分目線」「客観目線」といった言葉で盤面整理しやすくしてくれる。

西村博之2

2ちゃんねる創設者である西村博之のモノマネをするプレイヤー。決して西村博之本人ではない。

事ある毎にベーシックインカムの導入についてを同村者に問い、腑に落ちない発言に対しては「それあなたの感想ですよね」と反論する。

最近は勝率が落ち込んでいるようで、負ける度に「フォートナイトします」と引退をほのめかしているが、即座に同村するため実際のところ引退する気はない模様。

チョパリン

盤面整理を得意とする宝田健誌(高田健志)さんと似たタイプのプレイヤー。

基本的に敬語を使用し落ち着いた騙り口調だが、煽る際には言葉を選ばないかなりの毒舌家である。

ハ゛ナナチョコ

実力ランキングに載っている人狼殺ランカー。通称、バナチョ。

ほとんどの女性プレイヤーを受け付けない高田健志が認めた貴重な女性プレイヤーであり「結婚して人狼がメチャクチャ上手い子供を作りたい」とまで言わしめたが、セクハラである。

バナチョ本人も高田健志のことを認識しており、時折ライブ配信にコメントを残していく。

皇治皇治

日本のキックボクサー皇治のモノマネをするプレイヤー。

人狼ゲームの勝ち負けよりもロールプレイを優先し、本人になりきる事を目的としているが、荒らしではない。

東京都港区三田

11月末頃から頻繁に同村する超実力派プレイヤー。通称、三田さん。

ゲームに対して真摯に取り組んでおり、前述したシバケンや西村博之2といったプレイヤーとは折が合わないと思いきや、割と溶け込んでいる。

ikotcaF

名前の読み方は逆読みの"ふぁくとき"。

他プレイヤーを煽ることに人生をかけてしまう病気を患っているが、闘病する気は一切ない模様。

入江くん

ニコ生で多くの視聴者を集めるゲーム配信者。2人狼を「じんじん」と略する風変わりなプレイヤー。

プレイスタイルはとにかく"パッション"であり、そのパッションからは謎の説得力を感じてしまうプレイヤーも少なくないが、冷静なプレイヤーからは「うるさい」と一蹴されてしまう。

さいごに

以上、最近ハマっている人狼殺配信者の宝田健誌(高田健志)さんについてまとめてみました。

twitter.com神と崇められ、全人類の心に眠る高田健志さん。元ジャニーズで身長180cm、100m走11秒台で空手歴11年と、経歴だけ見ればただのイケメンですが、何かとスキャ...

ニコ生時代の彼については上記の記事でも紹介しているので、気になった方は読んでみて下さい。

以上、自分では怖くて人狼殺をプレイできないDopey(@shunpoko)でした。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ゲーム, ゲーム実況/配信, 人狼殺