FPS向きゲーミングマウス"Rival 100"は手の小さいプレイヤーにオススメ

   

前回のゲーミングマウス購入から約1年半、早くもゲーミングマウスを新調しました。

購入したのはSteelSeriesのRival 100というコンパクトなゲーミングマウス。

発売から2年ほど経過した製品ですが、購入した経緯や使用感などを簡単にまとめていきます。

スポンサーリンク

adsense

Rival 100のレビュー


開封すると中にはマウスと薄っぺらい紙が1枚。良くも悪くもシンプルです。

USB接続していない状態のマウスはこんな感じです。

表面はサラサラとした感触ですが、サイドグリップがあるので乾燥肌の人でも安心して使用できます。

PCに接続すると光りますが発色はやや控えめな印象で、ゲーミングマウスにありがちなギラギラ感はありません。

デザインもかなりシンプルなので、ゴツゴツしたマウスが苦手な方にもオススメしやすいです。

裏はこんな感じ。

マウスソールの側面にくぼみがあるので、SteelSeriesから販売されているマウスソールに交換が可能なようです。

専用ソフトウェアのSteelSeries Engineを使用することで、CPI(DPI)の設定やLEDカラーの変更が可能です。

イルミネーションの自作が可能なので、どんなインテリアにも合わせやすいでしょう。

写真左はZELOTES OPTICAL MOUSE、写真右はRival 100です。

サイズ感は一目瞭然。

持ち方は色々と試した結果、つまみ持ちに近いつかみ持ちに落ち着きました。

なぜRival 100を選んだのか

Rival 100を選んだ最も大きな要因は本体サイズが小さいからです。

手の小さい自分にとって大きなサイズのマウスは言葉通り手に負えません。何も考えずに値段と評判で購入したZELOTES OPTICAL MOUSEは使い勝手こそ良かったものの、やはりサイズが大きく長時間のプレイに支障をきたすマウスでした。

かつて自分が握ったマウスではLogicoolのG302が最もフィット感を得られた製品なのですが、G302はLOLやDota 2といったMOBA用のマウスとして開発されており、FPSにおいては「左クリックが硬い」「センサーが不向き」といったデメリットが際立ってしまうため候補から除外しました。

そこで同じサイズ感のゲーミングマウスを探していたところ、サイズも掴み心地もG302に近く且つFPS向きなマウスとしてRival 100に巡り合ったのです。

Rival 300との違い

Rival 300はRival 100の上位グレードに位置するSteelSeriesのゲーミングマウスです。OverwatchやPUBGで有名なストリーマー"StylishNoob"さんが超ハイセンシで使用している事で有名です。

値段はRival 300がRival 100よりも3,000円ほど高く、値段に相応してサイドグリップにラバーが採用されていたり、トラッキング速度(IPS)もRival 100は140に対しRival 300は200と大きく差があります。

本体サイズはRival 100よりもRival 300の方が大きく重量も40g近くの差があるので、使用するユーザーの手の大きさで選択が分かれるでしょう。

さいごに

購入してから気付いたのですが、2017年10月26日にRival 100の後継機であるRival 110が日本でリリースされます

サイズに大きな違いはありませんが、重量がやや軽くなっており、センサーに"TrueMove1"を採用したことで反応速度が向上してるとかなんとか。

ニューモデル登場のおかげでRival 100の市場価格はやや下がっていますが、これからゲーミングマウスを購入される方はRival 110も検討してみてはいかがでしょうか。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - PC周辺機器