ブラウン社のヒゲトリマー『BT3040』は39段階の刈り高調整でトリミングが楽しくなる

家電
スポンサーリンク

髭がないと童顔丸出しのDopey(@shunpoko)です。

つい最近、6年近く使用していたドン・キホーテのヒゲトリマーが動作しなくなってしまったので新しいヒゲトリマーを購入しました。

今回購入したのはブラウン社のヒゲトリマー『BT3040』。価格の割にはとても使いやすいヒゲトリマーだったのでレビューしていきます。

『BT3040』の仕様

本体価格 2,980円 前後
刈り高 0.5mm~20mm
電源方式 充電式
連続使用可能時間 60分
充電時間 8時間
質量 136g
寸法 165mm×44mm×41mm

ブラウンといえば電気シェーバーとして有名なドイツのブランドですね。

『BT3040』は3,000円前後と安価なヒゲトリマーではありますが、0.5mmから20mmまで0.5mm単位で計39段階の刈り高調整が可能です。この価格帯のヒゲトリマーでここまで調整できるのはありがたいですね。

僕はAmazonで購入したのですが、購入時の販売価格は2,980円。翌日には3,531円になっていました。他のECサイトでは4,980円という販売価格も見られたので、安く購入したい場合は買い時を見極めたほうが良さそうです。

『BT3040』の写真

パッケージ付属品すべて。2種類のアタッチメントと充電器。20ページにも満たないペラペラの取扱説明書。掃除用のブラシ。あと何故かジレットフュージョンも付属しています。

パッケージの裏側。仕上がりのサンプルを写真で解説しています。店頭でパッケージを手に取った際は参考になりそうですね。

少し暗いですが『BT3040』本体。スリムで握りやすいシェイプをしています。

刈り高調整ダイヤル。そこそこの硬度なので、使用中に誤ってダイヤルを動かす心配はなさそうです。

アタッチメントは1mm~10mmと11mm~20mmの2種類が付属しています。軽いプラスチック製で安っぽいですが、価格帯的に仕方ないです。

アタッチメントを装着するとこんな感じ。上記の写真は刈り高調整ダイヤルを1に設定しています。

刈り高調整ダイヤルを10にするとここまで伸びます。この仕組みはシンプルながらなかなか面白いと思いました。

トリマーヘッドは引っ張るだけで取り外せます。使用後は中に毛が溜まってしまうらしいので、付属のブラシで毛を取り払った後、水洗いするようです。

ちょっと残念なのは付属のブラシ。アタッチメントや本体に混入した毛を取り払うには短すぎます。指が太い人は奥の方まで届かないかもしれません。

『BT3040』でヒゲをトリミングしてみました

本当はもっと細かく長さを調整した方が見栄えは良くなると思いますが、初回なので上記のようにトリミングしてみることにしました。

1ヶ月前に床屋でカットしてもらって以来、テキトーにハサミで長い部分だけトリミングしていたのでボサボサです。

まずは顎ヒゲ全体を20mmでトリミングしてみました。この時点で顎ヒゲのボサボサ感はだいぶ抑えられています。

続いて顎からモミアゲにかけてを15mmでトリミングしました。大雑把な長さ調整の割にはキレイな三角形になっていますね。

最後に鼻の下を10mm、下唇の下部を1mmでトリミング。ちょっと短くしすぎたかもしれません…。

『BT3040』を使用してみた感想

髭をトリミングする分には引っ掛かりや剃りづらさがなく、非常に扱いやすいです。もし上手く剃れない場合は事前に髭をコームで整えておくと剃りやすくなります。

やはり0.5mm単位で刈り高を調整できるのは非常に嬉しい点です。今回はそこまで細かく調整しませんでしたが、髭だけでなく髪を刈る際にも役立つでしょう。モミアゲが伸びてきたらグラデーションに調整してみたいと思います。

すこし気になったのは電源スイッチの硬度。メチャクチャ硬いです。もちろん誤作動を防止するために硬くしているのだと思いますが、壊れてしまうのではないかと思うほど力を込めないと動作しません。

もう1点だけ気になったのが、刈った毛の飛び散り具合。上記写真は使用後にトリマーヘッドを外した写真なのですが、ほぼ毛が混入していません。

その代わり、近辺に毛が飛び散りまくっています。毛が飛び散るのは当然なのですが、今まで使用してきたヒゲトリマーの中でも極めて飛び散り具合が激しい印象です。

本体やアタッチメントはすべて丸ごと水洗いできるのは嬉しい点の1つ。トリマーヘッドは上記写真のように立てて置くことができるので、水洗い後の乾燥にそこまで広いスペースを必要としません。

まだその有難みは実感できませんが、『BT3040』には「自動研磨機能」がついているので、長年使用しても切れ味が落ちることはないそうです。半信半疑でしたが、確かに刃を近くで見ると特殊な構造をしているように感じました。

ちなみに取扱説明書には「パフォーマンスを保つために、定期的に潤滑油(付属品ではない)を塗布してください」と記載されています。うん…コストカットだね。

『BT3040』まとめ

  • 価格が安くコストパフォーマンスが良い
  • 39段階で刈り高を調整が可能
  • 本体やアタッチメントは丸ごと水洗い可能
  • 「自動研磨機能」で長年使用しても切れ味が落ちない
  • 付属のブラシが短い
  • 電源スイッチが硬すぎる
  • 他のヒゲトリマーと比較して刈った毛が飛び散りやすい
  • 潤滑油の使用を推奨しているのに潤滑油が付属していない

まとめるとこんな感じ。個人的には総合的に買って良かった商品です。

やっぱり刈り高を細かく調整できるのは大きなメリットで、細かく調整できないヒゲトリマーだと毛が伸び切るのを待つしかないんですよね。0.5mmであればすぐに伸びますし、手軽かつ定期的にトリミングできるのはありがたいです。

家電
スポンサーリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!