お風呂嫌いはシャンプーとトリートメントで克服できる?10年間ものお風呂嫌いを克服した話

   

唐突すぎるし不潔な男だと思われてしまうかもしれませんが、かれこれ10年くらい風呂嫌いを唱えているDopey(@shunpoko)です。

あ、でもちゃんと毎日お風呂に入ってるし男して最低限のケアはしていますよ。

今回はそんなお風呂嫌いを克服した小話を綴っていきます。

スポンサーリンク

adsense

シャンプーとトリートメントにこだわってみました

タイトルのまんまですが、ここ10年ほど「面倒くさい」という安直な理由で嫌っていたお風呂を、シャンプーとトリートメントを少し良いものに替えたことで克服しました。

克服したと書くと大げさですが、以前よりはお風呂に入るのが面倒くさいと思わなくなり、お風呂場まで向かう足も以前よりは軽くなったと感じています。

以前は全くと言っていいほど拘っていなかったんですよね、シャンプーやトリートメントに。

親からは「必要なものはとりあえず安いものから選んで買っていけ」と間接的に教えられてきた僕なので、長年シャンプーやトリートメントはテキトーに購入していました。

最近では安物買いの銭失いが嫌なので良い物を長く使おうという思考に至っていますが、シャンプーやトリートメントにお金を回そうなどとは全く思っておらず...本当に興味が無かったのですね。

しかし「アラサーから始める○○」といったキャッチフレーズに動揺する年齢を迎え、少しずつですがそろそろ頭皮のケアも考えたほうがいいかなと考えるようになり、まずは簡単に取り揃えられるシャンプーとトリートメントを替えてみようと思い購入に至りました。

MAROのデオスカルプシリーズでシャンプーが楽しい

そこで新しく購入したシャンプーとトリートメントが、上記写真にある"MARO デオスカルプシリーズ"

山田孝之さんでおなじみの、あのMARO(マーロ)です。

正直なところ、サロン専売のシャンプーやトリートメントではなく市販のシャンプーやトリートメントなんてどれも一緒だと思っていたのですが、"MARO デオスカルプシリーズ"は美容師からの評判が非常に良いとのことで、無知な自分にとってもちょうどいいと思い購入しました。

成分や髪については本当に本当に無知なので「スカルプケアの効果としてはなんたら~」とか専門的なことはいっさい書けないのですが、素人が使ってもメチャクチャ気持ち良いシャンプーであるとは断言できます。

今まで使っていた安いシャンプーやトリートメントと比べると、シャンプーで頭皮の汚れが取れている感と、コンディショナーを洗い流した後の髪が守られている感が段違いです。

あまりに爽快すぎて以前よりもシャンプーで髪を洗う時間と、トリートメントを置く時間がべらぼうに増えました。

大げさと思われるかもしれませんが、このシャンプーとトリートメントを使うためにお風呂へ行っているといっても過言ではありません。

繰り返しになりますが、シャンプーとトリートメントにこだわると、お風呂嫌いを克服できます。

さいごに

既に素晴らしいヘアケア商品を使用している方からすれば滑稽と思われるかもしれませんが、自分の中では割と衝撃的な出来事だったので、記事にまとめてみました。

もともと500円程度のシャンプーやトリートメントを使用していた僕としては奮発した方なんですけど、"MARO デオスカルプシリーズ"は480mlボトルが1,000円程度で購入可能とヘアケア商品の中でもかなり安価な方だと思います。

お風呂嫌いは少しお風呂の環境を変えるだけで克服できるので、もし悩んでいる方がいれば、まずはシャンプーやトリートメントを変えてみてください。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 生活