社会不適合者はアフィリエイトをやればいい

      2016/12/07

cc0160170659_TP_V

つい最近、当ブログの記事からリンクを貼った『APLLON』の「エルモ」さんが面白い記事を投稿していました。
やりたいこととお金を稼ぐことを両立させるためには

「エルモ」さんのブログは本当に面白いです。特にライフハックのカテゴリ記事が逆説をついていて非常に度肝を抜かれます。僕はイケダハヤトさんも敬拝しているので、「エルモ」さんのイケサマDisを見つつ第三者視点で楽しんでいますね、こんな風に優越感に浸っている自分もちょっぴり好きです。

今回は「エルモ」さんの記事を読んで思った感想というか、アフィリエイトを始めるべきだと思う人について書いていきます。

スポンサーリンク

adsense

雑学を語って自慢しているくらいならアフィリエイトに取り組め

俗にいう「おまいう」です。

僕がアフィリエイトを始めたキッカケは、とある自由人の先輩から「お前は知識が豊富なんだから、身内に語っていないでもっとデカい事をしろ」と言われたからです。つまり、当時の僕はインプット量は多かったものの、アウトプットが非常に少なかったんですね。

「知識が豊富」と褒められたのは嬉しかったのですが「デカい事」というのがイマイチ分からず「自分は人生において何か勿体ない事をしているのか」と思うようになりました。

次第にアフィリエイトという知識自慢をしながらもお金を稼げる仕組み(当時はそう思っていた)を知り、徐々に没頭する事となります。僕は非常にラッキーなアフィリエイターで、アフィリエイトを始めて6ヶ月ほどで月の報酬発生額5,000円を達成しました。まぁ、それ以降はあまり伸びていないのですが・・・。

この6ヶ月間でやった事は単純です。溜まっていたインプットを一気に放出しただけです。

今まで知識自慢でしかなかった僕の知識が、アプローチ方法を変更するだけで収入化させる事に成功したのです。「うっはwwwアフィリエイトとかチョロいわwwww」とか思いましたよ、ホントに。

アフィリエイトは社会に馴染めない人にもオススメ

a2493265608ee37475f808ade15e3ad8_m

dopeylogを読んでいて気付いた方も多いと思いますが、僕は自他ともに認める社会不適合者です。もはや社会復帰するくらいなら、とことんニートをキメたいと思うレベルです。そんな僕でもアフィリエイトに対しては本気で取り組めます。だって面白いですもん。

アフィリエイトの利点として、クライアントと接する機会がないです。広告主さんをインターネットで選択して承認されたら自分のブログやサイトにペタペタと広告を貼るだけ。クライアントにペコペコしながら名刺交換する必要なんてありません。サービス業もビックリの収入方法がアフィリエイトなんです。

もうひとつ、通勤する必要がありません。法人化しているなら事務所があるかもしれませんが、僕のようにフリーランスで働いている人間としては、インターネットと端末さえあればどこでも作業が出来るのです。もちろん、旅行しながらだって仕事ができます。

この2点だけでも、社会不適合者には働きやすい職種だと思いませんか?

アフィリエイトは大手ASPで最も人気のある『A8.net』に登録すればスグにでも取り組みが可能です。アフィリエイトを始めるのにリスクなんてありません。現状や社会に不満が少しでもあるのなら、アフィリエイトという逃げ道に通じておくのも、人生をより良い方向へ導くという意味で役に立つと思いますよ。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - アフィリエイト