本当に役立つアフィリエイトの本はコレだ!

      2018/08/04

SEP_327215200714_TP_V

ちょうど1年ほど前、アフィリエイトに没頭する僕は様々な書籍を読み漁りました。

当時は池袋が近所だったので、池袋の大型書店を何軒も巡り、役に立つ情報だけをピックアップしてインプットしていました。

ですが、最終的に必要な情報は1冊の書籍にまとまっていたのです。

スポンサーリンク

adsense

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の事実とノウハウ

僕はこの本を発売して間もない頃に購入しました。まだ、アフィリエイトを始めてすらもいない2010年頃ですね。初版が2010年なので5年ほど前の書籍になりますが、アフィリエイトの本質がこの書籍には詰まっています。

著者のあびるやすみつさんという方は僕が小学生の頃から知っており、当時あびるさんはPerlで作成した掲示板やチャット、その他ゲームなどを開発し配布していました。現在も配布は継続しているみたいですね。

そんな僕もあびユーザー(勝手に命名)のひとりであり、あび屋やラブラブワゴン、Abi-Corporationで遊んでいました。あびるさんの開発したPerlソフトウェアはグループウェアのようにプロフィールデータを各システムで共有でき、且つランク制度を設けていたので、必死に遊んでいたのを覚えています。お陰でキー入力速度がかなり上昇しましたw

そんな僕の少年期を支えてくれたあびるさんですが、現在もアフィリエイト界のインフルエンサーとして尊敬していますし、発信している情報は参考にさせて頂いております。

アフィリエイトの本質を綴った書籍

話を書籍に戻しますが、本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウではアフィリエイトの本質に触れています。

目次を見てみれば分かりますが、アフィリエイトの技術的な内容よりもアフィリエイトにおける思考や知識、ノウハウなどのページが非常に多いです。最近では「簡単に稼げる」や「1月で○○万円」などと謳った、いかにも怪しいアフィリエイト本が多いので、こういったアフィリエイトマインドを育める書籍は非常に重宝します。

アフィリエイトというと、つい目先の報酬に注視しがちですが、それより重要な「アフィリエイトに取り組む姿勢」を、この書籍で学ぶことが出来ます。アフィリエイトで困ったら真っ先に読みたい書籍ですね。

さいごに

最初に読んだ時は、イメージと異なるあびるさんの強い口調の文章に戸惑いましたが、それだけアフィリエイトは厳しい世界であると認識させられました。

なんたって、第1章のサブタイトルが「アフィリエイトの周りでカモる人たち」ですからね。目次を見た瞬間に買っちゃいましたよw

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - アフィリエイト