Dead by DaylightプレイヤーがIdentity V(第五人格)をプレイして思った違いなど

   

2018年11日7日にPC版がリリースされたIdentity Vこと第五人格。

スマホ版がリリースされた直後は「なんだ、スマホゲームだしDead by Daylightでいいじゃん」と嘲笑していたのですが、PC版リリースをきっかけにプレイ開始したら、見事にハマりました。

まだプレイ開始から10時間も経過していませんが、簡潔に思ったDead by Daylightとの違い等をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

adsense

端から端までDead by Daylightそっくり

エアプの方でもご存じかと思いますが、ゲームのルールはもはやDead by Daylightそのものです。

巷ではDead by Daylightのパクリだ何だ言われていますが、そもそも開発にDead by Daylightチームが携わっているので、PUBGと荒野行動のような関係にはならないでしょう。

マップに設置された計7台の発電機...ではなく暗号機を5台修理...ではなく解読すれば脱出ゲートを開門させることができます。

もともとDead by Daylightをプレイしていた人であれば、難なくIdentity V(第五人格)のゲームルールに適用できるでしょう。

Dead by Daylightでお馴染みのパークは、Identity V(第五人格)では人格と呼ばれていますが、その効果もほぼ同じです。

『誰も死から逃れられない(ノーワン)』や『アドレナリン』といったDead by Daylightの代表パークが、ほぼ同じ能力でIdentity V(第五人格)にもあります。

マッチングがドチャクソ早い

年内にリリースされた作品というのもあり、マッチングがとにかく早いです。

アジアサーバーであればマッチ検索からものの数秒でマッチングが確定します。

展開にはよりますがマッチ自体も短いので、ゲームスピードそのものが早く軽快にプレイできるゲームと言えるでしょう。

また、Dead by Daylightはマッチ毎にパーティーを再編成しないといけませんが、Identity V(第五人格)ではパーティーを保ったままロビーに戻るので、再編成が必要ありません。

その点ではDead by Daylightよりも嬉しいところ。

育成がしやすい

前述したとおりIdentity V(第五人格)はDead by Daylightのようにキャラクター固有の能力と別の能力を装備することができます。

Dead by Daylightではブラッドウェブで与えられたBPを消費し、アイテムやアドオンを取得しながらようやくパークを取得するのですが、Identity V(第五人格)ではパークに該当する人格の取得が非常に容易です。

Identity V(第五人格)では『内在人格の網』と呼ばれるFinal Fantasy Xのスフィア盤のようなシステムで人格を取得します。

この『内在人格の網』では取得したいパークを自分で選択可能で、かつ未取得の人格は初期時点で詳細が判明しているので、無駄なポイントの消費を最小限に抑えられます。

Dead by Daylightのブラッドウェブでは自分の欲しいパークがブラッドウェブに出現するまでBPを消費して更新し続けなければなりません。

上記の点から、Dead by Daylightよりも各キャラクターの育成が非常に容易であると感じられます。

ハンターのキャンプが多い

Identity V(第五人格)はDead by Daylightよりもサバイバーが拘束されてから退出するまでの時間が非常に短いです。

そのうえマップも非常に広いので、ロケットチェアに縛られたサバイバーと自分の位置が遠いと、まず救助が間に合いません。

ランク帯にもよりますが、上記の理由からIdentity V(第五人格)のハンターはキャンプする人が非常に多いです。

一番最初に縛られたサバイバーはほぼ間違いなく失踪が確定してしまうので 一番最初に見つかってしまったサバイバーは死に物狂いで逃げる必要があります。

幸いなことにIdentity V(第五人格)はDead by Daylightよりも板の数が非常に多いので、上手くチェイスすれば一人のチェイスで暗号機5台分を逃げ切ることも難しくはないかも?

操作性は良いが判定がガバガバ

残念なことにDead by Daylightと比べて攻撃の判定がかなりガバガバに感じることがあります。

スマホ向けのゲームというのもあり、通信環境が安定していないプレイヤーも多くマッチングしているので、仕方ないといえば仕方ないのですが。

そのため、ガチでプレイすると人によってはストレスになるかもしれません。

ガチガチのチェイスで相手を翻弄したいのであればDead by Daylight、気軽にエンジョイしたいのであればIdentity V(第五人格)をそれぞれプレイするのが、現環境では適切と考えています。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - Identity V(第五人格), ゲーム