まったり系?の女性ゲーム配信者『もこちゃんねる』をご紹介

   

昨年リリース早々にプレイを開始したPUBGですが、最近どうにもモチベーションが低下しています。昨年12月から正式版になったとはいえ、流石にリリースから1年以上が経過したゲームなので、若干ではありますが、飽きがきている模様。

そんな以前ほどの情熱を注げなくなったPUBGではありますが、最近では他配信者さんのカスタムマッチに飛び込みで参加し、自分の実力を試すのにハマっています。中でも"もこちゃんねる"さんのYouTubeライブで行われるPUBGカスタムマッチによく参戦しており、通常のマッチングとは異なる緊張感と楽しさを味わうのがマイブームです。

今回はそんなYouTubeライブ配信者の"もこちゃんねる"さんについて綴っていきます。

スポンサーリンク

adsense

"もこちゃんねる"とは?

"もこちゃんねる"さんは『株式会社いろはにぽぺと』が設立したe-Sports実業団『いろはにぽぺと「侍」ゲーミング(ISG)』のPUBGストリーマー部門に所属しているゲーム配信者です。2018年8月現在のメイン配信サイトはYouTubeで、ほぼ毎日ゲームのライブ配信を行っています。

ライブ配信の雰囲気を一言で表すのであれば「まったり」。好きなゲームを好きな時間帯に自由に遊んでいる様子で、ひたすらゲームを楽しんでいる感が伝わってきます。

2018年7月29日にはYouTubeチャンネルの登録者数が3,000人を突破しました。

配信を開始されたのはおそらくニコ生が最初で、ニコ生のコミュニティでは2016年1月14日が初配信日であると記載されています。その後はOPENREC.tvへとメイン配信サイトを切り替え、現在はYouTubeをメインの配信サイトとしているようです。

PUBGの実況プレイが上手いと評判?

前述のとおり、"もこちゃんねる"さんは自身のYouTubeライブ配信でリスナー参加型のPUBGカスタムマッチを頻繁に開催しているのですが、そのPUBGカスタムマッチでの実況が非常に上手いと評判です。"もこちゃんねる"さんはライブ配信者のスキルとして重要な滑舌が非常によく、トークでは滅多に言葉を詰まらせない達弁者で、参加している選手の状況を冷静に汲み取りつつも、感情のこもった実況でリスナーを大いに楽しませています。

自身のPUBGプレイヤーとしてのスキルも高く、2桁キルのドン勝を達成するなど女性配信者の中でも頭角を表しています。しかし、自身が開催するカスタムマッチではプロゲーマー含む強豪プレイヤーが集っているためか、なかなかドン勝に至らず、実況解説をしている時間のほうが長い...かも?

ゲーム配信はとにかく高画質&高フレームレート

2018年8月現在、"もこちゃんねる"さんのゲーム配信は大半がフルHD(1080p)の60FPSと非常に高画質です。特にPUBGはPCゲームの中でも相当なマシンスペックが要求されるため、ライブ配信する際には出力する解像度をHD(720p)に落とす配信者が大半なので、相当な高スペックのPCを利用しているか、2PC配信を採用しているのかもしれません。

オススメのYouTubeライブ過去配信

PUBGを所有しているプレイヤーであれば、是非カスタムマッチに参加してみてください。参加人数は多過ぎず少な過ぎず、ガチガチのレート戦に疲れたプレイヤーにとってはエンジョイしやすい環境です。また、"もこちゃんねる"さんはカスタムマッチでのカメラ操作にも手慣れており、戦闘が始まればすぐに様子を見に来てくれ、持ち前の達弁を披露してくれます。

最近のPUBG以外のライブ配信では、チャンネル登録者3,000人突破を記念に呑み雑談をしていたのですが、その後に行われた人狼殺の実況プレイが個人的にお気に入り。

人狼殺はフルボイスのオンライン人狼がプレイ可能なスマホアプリで、ここ最近では多くの配信者がこのゲームをプレイしています。

酔っぱらいながら人狼殺を始めた"もこちゃんねる"さんは、フルボイスなのを良いことに同じ村にいる他の女性プレイヤーの声を聞くや否や「女の子!かわいい!」とオヤジのように食いついていきます。しかしゲーム自体には冷静に取り組んでおり、麻雀で培った分析力と女の子へのナンパで見事に勝利を飾っていました。

さいごに

  • まったりしたゲーム配信を視聴したい人
  • PUBGのカスタムマッチを一緒に遊びたい人
  • 自由にゲームを楽しんでいる様子に惹かれる人

まだまだ僕自身もにわかですが、上記のような方々にオススメのゲーム配信者です。気になった方は是非"もこちゃんねる"へ。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ゲーム実況/配信