スーパームーンを1万円以下のデジカメでキレイに撮影してやんよ

      2018/08/04

今宵も満月ですね。
こんばんは、Dopey(@shunpoko)です。

今日は何やらスーパームーンという今年一番大きい満月が見られる日らしいです。名前ダッサイですね!

ちまたでは夜景の貴公子と呼ばれている僕なので、早速ご飯も食べず撮影に行きました。

近所の公園へ。

スポンサーリンク

adsense

コンデジの本気

相も変わらず手持ちの機材は1万円以下のコンパクトデジタルカメラと3千円程度の三脚です。

まあ、充分っしょ?

さっそくカメラをセットして...
月にズームインして...

パシャッ

cp-6rvrusaa0kww

 

……

 

………

 

9b4286f911fe479c9bb55a7d44ef2ddc

「なんか違くね?」

なんかこう月の表面が見えてさ、いかにもウサギが餅をペッタンペッタンしてそうな月を撮影したいんだよね。

これじゃクリリンの太陽拳じゃん!って嘆いてたらTwitterでアドバイスをもらえました。

露出を絞る…?今日半袖Tシャツにショーツだからマズいのか。

上着を身にまといながら調べてみると、どうやら僕のデジカメでも設定できるみたいなので、やってみることに。

すると、

imgp1589

おっ、おっ、コレだよコレ!

月の表面見えてるしすっげーキレイじゃん!

キマシタワァー。

 

続いてアップに。

imgp1596

どうよ?

一瞬で自分が天才かと思えました。

 

今度はコントラストを調整して撮影してみます。

imgp1615

コントラストを変更するだけで幻想的な月から現実っぽい(?)月になりました。
でもゴマカシがきかない。。

更にズームするとこんな感じ。

imgp1611

少しボヤける。

まぁーこれが限界かなぁ。

さいごに

ということで、1万円以下のコンデジでもここまで撮影できるぞ!ってのを証明しました、エッヘン。
でも正直、僕よりも上手い人はいっぱいいるハズw

またひとつ、カメラが楽しくなりました。

今回のベストショット↓
imgp1595

このホワイトバランスがいいですね、月に幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。

※2018/08/04 追記
その3年後、ついにミラーレス一眼カメラを購入しました。

フリーのWebライターが選ぶべき取材用カメラとは?SONY α5100を購入してみた
購入したてのSONY α5100ニコニコ超会議2018への取材用に、ライターとして遅ればせながらミラーレス一眼カメラの"SONY α5100"を購入しました。前回投稿した記...

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - カメラ