EDM好きにオススメ!YouTube動画に使えるフリー音楽の提供チャンネル"Bass Rebels"

      2017/03/09

先ほど、とある海外のゲーム実況者から何故か僕宛てにDMが届きました。

内容としては「私たちはYouTubeでゲームのレビュー動画を投稿し、その収益でYouTuberを支援をしています。是非いちど見て下さい!」とのこと。

宣伝かよ!!

しかしその下に「もし君がYouTubeのチャンネルを所有してるなら超スゴいフリーの音楽を提供してるから、こっちのチャンネルも見てね(ニッコリ)」との記載が。

なんだよ、ありがてえじゃん。

スポンサーリンク

adsense

Bass Rebels - No Copyright Music

こちらが紹介されたBass Rebelsというチャンネルです。チャンネル登録者数30,000超え、投稿された動画数600超えという数字からも、既に多くの動画製作者が活用しているように伺えます。

膨大な楽曲の中でもひときわ強いジャンルはEDMで、ひとつひとつの楽曲もかなりクオリティが高いです。作業用BGMとしても使えますね。

更に有難いことに楽曲のジャンル毎でプレイリストを作成しているので、求めている雰囲気の曲を探しやすいです。サムネイルも楽曲ごとに異なり曲の雰囲気を反映させているので、サムネイルから選んでみるのも面白いでしょう。

Bass Rebelsで提供している楽曲の使い方

動画の説明文欄にDOWNLOAD SONG HEREという文があるので、その右側にあるURLをクリックします。

するとBass Rebelsの公式サイトに飛び、選択した楽曲の詳細ページが表示されます。

広告などが多くて最初は分かりづらいのですが、こちらからダウンロードできます。

なにやらSNSのボタンがずらずらと並んでいますが、楽曲をダウンロードする為には「YouTubeチャンネル登録」「Facebookページをいいね!」「Twitterでシェア」のいずれかが必要となります。

「Twitterでシェア」だとポストされますが「YouTubeチャンネル登録」または「Facebookページをいいね!」であれば登録だけで済み、2回目以降もスムーズにダウンロードできるようになるのでオススメです。

登録またはシェアが完了するとSNSのアイコンが消え、DOWNLOAD HEREという文が表示されるので、これをクリックします。

するとDropboxのページに移動するので、ダウンロードをクリックすれば自動的にダウンロードが開始されます。

クレジット表記を忘れずに

Bass Rebelsの楽曲は著作権フリーで使えますが、クレジット表記が必須となります。

クレジット表記については動画の説明文欄に、次のように記載されています。

You have permission to use this music in your YouTube videos but you MUST credit the artist in the description of your video by copying the following

訳すと「あなたはこの楽曲をYouTubeの動画で使用できますが、誰の楽曲であるかは必ず記載する必要があります」といった感じ。

動画内でも動画の説明文欄でも良いので、必ず記載しましょう。

記載する文はタイトルのコピーで構いません。

さいごに

ふだん動画で使用する楽曲はYouTubeオーディオライブラリからダウンロードしているのですが、YouTubeオーディオライブラリだと特定ジャンルに弱いのが難点。

探してみると高クオリティで著作権フリーの楽曲は沢山あるので、他のジャンルも発掘してみようと思います。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - インターネット, 音楽