在宅ワークの人こそ筋トレをすべき3つの理由

   

最近はWebライター、アフィリエイター、ブロガーなど様々な事業で在宅ワークをしている人が増えてきています。

僕はWebライターとして独立し4ヶ月目、筋トレは8ヶ月ほど続けているのですがが、最近になって在宅ワークと筋トレの相性は非常に良いということに気付きました。

今回は仕事で家を出ずに座りっぱなしの在宅ワーカーにとって筋トレがオススメである理由についてまとめていきます。

スポンサーリンク

adsense

自分を追い込める

企業に所属して仕事を割り振られるのとは異なり、個人事業主であれば仕事の量をある程度まで自分次第で調整できます。

人によっては必要以上に稼がずその日暮らしを続けている方や、いつでも仕事ができるのを良いことに遊びすぎて殆ど仕事が手つかずな方もいるでしょう。

そんなちょっと自分に甘い方こそ筋トレがオススメです。

あと少し頑張れば「もっと大金を得られる」「もっと良い条件で仕事を貰える」そんなチャンスを逃さない為にも自分をもっと追い込みましょう。

筋トレは自分の筋肉を極限まで追い込まないとトレーニングする時間や体力だけが無駄になり、筋肉はつきません。

筋トレは、まさしく自分自身との戦いなのです。

トレーニングで自分を追い込めるようになると、仕事でも今まで見えてこなかった自分の極限のパフォーマンスが次第に発揮できるようになってきます

生活にメリハリができる

決まった時間に出退勤する必要のない在宅ワーカーは生活リズムが崩れがちです。

外出する予定や趣味が無いと、起きている時間にすることは食事やお風呂以外はほぼ仕事になってしまい、日々の生活が単調になってしまいます

そんな単調な生活に1時間のトレーニングを加えるだけで生活にメリハリが生まれます

具体的には「食後2時間以内はトレーニングをしない」「トレーニングの後には休息を挟む」といったトレーニングを軸としたスケジューリングが作成できるようになるのです。

人が少ない時間帯にジムを使える

好きな時間帯にジムへ通えるのは、在宅ワーカーのメリットです。

平日の夜や土日は、どうしてもジムの利用者が増えてしまいます。使いたいマシンや器具が占領されていると、せっかくジムに行っても時間ばかり消費してしまいます。

ですが、平日の朝や昼間であれば何処のジムも大抵すいているので、より効率的にジムを活用することが出来るのです。

運動不足を解消できる

在宅ワーカーは名の通り、外出することなく椅子に座りっぱなしの人が多いです。

無駄なアクションが少ないぶん仕事でのパフォーマンスを発揮しやすいのですが、どうしても運動不足になりがちです。

趣味でスポーツに取り組めればよいのですが、最も手軽に始められる運動不足解消法は筋トレでしょう。

合コンの時に「普段は家で仕事をしています」と言いつつも引き締まった身体を見せつける、なんだかカッコ良いと思いませんか?

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - スポーツ