お金稼ぎに貪欲な人は人生得してるなーってお話

   

僕はどことなく、お金に疎いです。お金にまつわる大胆なエピソードがありません。

どこかの大手配信者のように何億もの借金を背負ったこともないし、かといって新築タワーマンションを購入できるほどの巨額のお金を手にしたこともない。

言い換えれば「無難で安定したお金の使い方をしている」とも捉えられるのですが、今までそんな平凡なお金の使い方に慣れてしまったので、大きなリスクを背負ったり大胆にお金を稼ぎたいとも思わずに生きてきました。

個人事業主としてフリーランスとして独立した今では、「もっと貪欲にお金を稼ぎたい」という強い気持ちでいたいと切に願っており、お金に貪欲な人を見ると「羨ましい」と思っています

スポンサーリンク

adsense

バックストーリーとお金に対する執着心

僕が知っているお金持ちな人は、人生に壮大なバックストーリーを抱えている人が非常に多いです。特に僕がよく聴く音楽のジャンルにヒップホップがあるのですが、ヒップホップでのし上がったアーティストはお金に対して凄まじい貪欲さを持っています。

ヒップホップのアーティストは生まれてから間もなく親が他界したり、生まれつき巨額の借金を背負っていたり、まともに学校にもいけなかったり。そんな日本ではなかなか有り得ないような生活を幼い頃から送ってきた人が多く、自ら稼がないと生活が出来ない状況に追い込まれてるため、お金を「稼ぐ」ことに対して貪欲なのです

また、そういった人生のバックストーリーは音楽性にも表れているので、そのリアルがより多くの人々から支持を得るキッカケともなっています。

前述したとおり、僕は自慢できるほどの壮大なバックストーリーは持っていませんし、人生もそれなりに無難に過ごしてきました。良い悪いは別としても、人生をとことん追い詰められた経験をしていないので、どことなく平凡から抜け出せないのかもしれません。

時代背景の影響も?

20代中盤の僕らがピンポイントだと思うのですが、ニュースでも頻繁に取り上げられる「若者の〇〇離れ」のように、最近は物欲のない人が非常に多いです。

なぜなら大金を手にしなくとも充分な生活を送れるから

例えば車ひとつにしても、見栄を張ってまで燃費の悪い高級車に乗る必要はないですし、東京に住んでいれば至る場所から電車に乗れます。車が一時的に必要となればレンタカーを使用すればいいのです。

買物ですら人件費の高い店舗で購入せずとも、通販サイトを利用すればより安い金額で商品が可能です。Amazonプライムに登録していれば、東京都内なら注文後1時間以内、東京都以外でも1日以内に商品が到着します。

ここまで生活がスマートかつ低価格で送れると、お金を稼ぐ意識が弱まってくるのはごく自然とも捉えられるでしょう。

「お金を稼ぐ」意識と「働かなければいけない」意識

自宅でカチャカチャとキーボードを打鍵する仕事をメインにしていると、どうにも周りからは「働いていない」と認識されます。実際には働いてお金を稼いでいるのですが、インターネットビジネスが浸透していない地域や環境ではラクをして稼いでいるようにしか見えないようです。

確かにアフィリエイトの全盛期とも言える時代では『ラクして稼げる』をモットーに様々な情報商材が販売され、胡散臭いながらも実際に稼いでいる人や実践しても結果が出ずに「詐欺だ!」と嘆く人が大勢いましたし、インターネットビジネスなんて怠け者がやる仕事だと非難されていた時期もありました。今となっては立派なビジネスですけどね。

こういった人の多くは無意識に『働く』と『稼ぐ』が混同しており、お金を稼ぐ手段として真っ先に『働く』ことを考えます。

例えば、時給制の店舗販売スタッフなどは実際に商品やサービスを販売しない(お金を稼がない)としても給料が貰える仕組みになっているので、お金を稼がなくともお金が貰えるという感覚が身に付いてしまいます。つまり、自分の時間を売ってお金を稼ぐ手段ですね。

独立してフリーで働いてみるとよく分かりますが、労働しているからお金を貰えて当然なんてことはありません

どれだけ時間をかけて作業してもお金にならない時だってありますし、大した作業時間を費やさずとも大金を手にできる時だってあります。時給制と比べるとギャンブル要素が強いようにも感じますが、だからこそ、無駄な作業を減らし効率的にお金を稼ぐ意識が必要となるのです。

そんな理由から、僕は『働く』という言葉をあまり使わなくなりました。友人から遊びや食事に誘われた際に「仕事だから」と断ることはありますが、実際には「稼ぐチャンスを逃したくないから」と内心で思っています。

「働かなきゃ」と意識するよりも「稼がなきゃ」と意識する方がお金に対する意欲が強くなるので、現在の仕事や給料に不満がある人は意識を変えて視野を広げてみると、実はお金を稼ぐ方法なんてもっと沢山あるという事に気付くはずです。

さいごに

平凡な暮らしで満足していると、決してお金持ちにはなれません。お金持ちは平凡な暮らしで満足している人では辿り着けない視野や思考、行動力を持っています。

お金さえあれば幸せという事はありませんが、少しでも野望を持っているのであればガンガン稼ぎましょう

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ライフハック