ライターの準備運動?起床後にニュース記事を見解付きでシェアする重要性

   

私のTwitterアカウントをフォローしている方ならご存知かと思いますが、私は起床後にネットで拾ったニュース記事をを何件か見解付きでシェアするよう心掛けています。

音楽関係や動画配信関係で私を知った人からすると「なんだコイツ?意識高い系アピールか?」と思われるかもしれませんが、まったく以てその通りです。

というのは半分冗談ですが、起床後にニュース記事を見解付きでシェアすることによってその日のモチベーションが大きく左右されるので習慣づけるようにしています。

スポンサーリンク

adsense

寝ぼけた脳を叩き起こす

人間は起床してから3時間は頭が働かないため、勉強したり労働するには起床してから4時間経過してからが良いと聞きます。

誰が言い始めたのか分かりませんが、なんかムカつくんですよね。ヘイトではありませんが、ムッとします。すみません、そういう性格なんです。

逆にそこまで言うなら起床してから3時間以内にガッツリ頭を働かせてやろうじゃないかと

迷信を鵜呑みにして「じゃあ起床してから3時間以内はゆっくりしよう!」とか言うのは、サボる為の言い訳でしかないと思っています。

休む時はガッツリ休んで、目が覚めている間は常に全力。その為にも、起床したら自分の脳を叩き起こして自分と戦う。かっこいいじゃないですか。

幸い今の世の中であれば起床してからデスクへ向かわずとも、ベッド内でスマートフォンやタブレットを利用しての情報収集が可能なので、重い腰を持ち上げる必要がありません。たまにそのまま二度寝することもありますが・・・。

朝から脳の調子を整えることで、その後のパフォーマンスにより良い影響を与えられます。車やバイクのエンジンと同じで、脳にも暖気が必要なんです。

Webライターやプログラマのように、日ごろからキーボードをカチャカチャする仕事の人にとっては運指の準備運動にもなりますね。

Twitterは文章の構造を考えるのに最適

Twitterは他のメジャーなSNSと比べて、一回のポストで入力可能な文字数に制限があります。何年か前に文字数制限を無くすという試みがあったようですが、お流れになってしまったんでしょうかね。

通常のツイートで入力可能な文字数は140字ですが、記事をシェアするとURLが含まれるので実際に自分が入力できる文字数は60文字前後になります

個人的にはこの文字数制限がTwitterの良い部分であると思っており、Twitterの記事を読解したうえで自分の見解を60文字前後にまとめるのは非常に頭を使うので、より頭を活性化させるのに役立つのです。

いつサービスが終了するか分からないTwitterではありますが、稼動している間は有効に活用させて頂こうじゃないですか。

フォロワーにとっても有益である

私が起床後にネット記事をシェアしているのは、佐々木俊尚(@sasakitoshinao)さんのマネです。

佐々木俊尚さんは毎朝8時に「おはようございます。」のツイートから始め、怒涛のスピードでニュース記事を見解付きでシェアしまくっています。しかもツイート間隔が2分前後と、記事を読んでから見解を書くまでが異様に早いのです。さすがはプロ。

実は既にツイートを用意しているのではないかと、まことしやかに囁かれているようですが、例えそうだとしてもフォロワーにとっては有益な情報に変わりありません

朝8時のTwitterのタイムラインをなんて「眠い」「寒い」「電車止まらないかな」のようなネガティブツイートばかりです。

そんな無益な情報が多い中に刺激的なニュース記事が含まれていると、どうしても読んでしまいますよね。なにより目立ちますし。

私が書いた記事も、いつかは朝の時間帯にシェアされないかと期待を寄せているのですが、いかんせん朝から読むような記事は量産していない模様です。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - インターネット