腕時計を装着している人が優秀である理由

   

皆さんは腕時計を装着していますか?かれこれ10年ほど前から、携帯電話の普及と共に腕時計の存在価値は薄れてきたように感じますが、社会人の常識として着用していたり、プライベートでもファッションとして着用している方など、様々いると思います。

そんな機能性よりも「装飾品」感覚で着用されやすい腕時計ですが、腕時計の使い方の上手い人は仕事が早かったり、プライベートでも能動的に行動する人が多いです。

今回は腕時計を着用する人が「なぜ優秀であるのか」についてをまとめていきます。

スポンサーリンク

adsense

常に自分の行動タイムを意識している

腕時計を普段から着用している人は、総じて時間に対する意識が強いです。頭の中がフル回転していて、常に自分がしている作業の効率化などを考えている人が大半でしょう。こういった意識高い系の人達は自分が作業に費やしている時間を常に気にかけています。

例えば仕事であれば、ひとつのタスクを完了させるまでに必要な時間(工数)であったり、社内外へ移動する時間など。プライベートであれ、ば皿洗いや買い物などの家事に費やす時間が該当するでしょう。

人間にとってお金は平等ではありませんが、時間は平等です。生活にスピード感がある人や常に忙しそうな人はいかに無駄な時間を費やさず人生を過ごせるかと常に考えています。そのため、腕時計というアイテムは非常に相性が良いのです。

自分が作業に費やした時間を記録しておき、また同じ作業に取り組む機会があった際は前回の作業タイムより早く作業を終わらせる。陸上選手のように常に自分の作業タイム更新を目指しているのです。

腕時計なら1ステップで時間を確認できる

腕時計のメリットは「すぐに時間を確認できる」という点です。

腕時計の着用を衰退させる原因となった携帯電話やスマートフォンは、時間を確認するまでに「ポケットやカバンから取り出す」「ボタンを押す」という2ステップの作業が必要になりますが、腕時計であれば「目を動かす」という1ステップのみで時間の確認が可能です。

その為、優秀な人は携帯電話やスマートフォンこそ所有をしていますが、時間の確認を目的にスマートフォンを使用することはほぼ無いでしょう。生活にスピード感を求めている人は、ほんの些細な数秒でも効率を重んじるのです。

スマートウォッチってどうなの?

Apple Watchを筆頭としたスマートウォッチですが、あんま流行ってないですよね。僕の周りでも装着している人は殆どいません。

装着している人は「新しいデバイスだから試してみたい」という新しいビジネスのアイデアを求める人が多いです。

時間の確認という意味では電池の消耗も多いですし、スマートウォッチはあまり向いていないと言えるでしょう。

さいごに

ちょろっとAmazonのランキングを確認したら腕時計のランク1位は1,000円未満のCASIO製でした。

シンプルで用途に適している感じがスマートですね。腕時計ひとつも持ってねえよ!って方はとりあえず持っておくのが良いですよ。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ライフハック