ブロガーにとって効率的なクラウドソーシングの扱い方

   

ランサーズでのライティング単価がちょっぴり上がってご機嫌なDopey(@shunpoko)です。

ちょっと前まで「自分で書いた文章の著作権を他人に譲渡してたまるか!」というプライドでクラウドソーシングは遠慮していたのですが、最近では全く躊躇なく寄稿できるようになりました。

僕と同じように自分で書いた文章は自分の資産にしたいと考えるブロガーさんは非常に多いと思います。Webライター一本で飯を食っている方ならまだしも、多少なり不労所得を欲している方にとって自分の成果を自分の資産にできないのは抵抗がありますよね。

今回はそんな真っ当な意思を持ったブロガーの方でも、躊躇なくクラウドソーシングを活用できる考え方についてです。

スポンサーリンク

adsense

自分のブログに投稿できないジャンルだけ手を付ける

クラウドソーシングで募集している記事のジャンルは幅広いです。多くのキュレーションメディアが専門的なジャンルを取り扱っているので、自分のブログでは専門的に扱っていないジャンルも多々あるでしょう。

例えば、僕が運営しているこのdopeylogは雑記ブログとして様々なジャンルの記事を投稿していると自負していますが、キャッシングやFX、育毛やダイエットといった専門性の高そうなジャンルには触れていませんし、関連する記事を投稿する予定もありません。

アフィリエイトをかじった人なら分かると思いますが、雑記ブログで専門性の高いジャンルを取り扱ってもCV率は見込めないのです。キャッシングやFXなどはアフィリエイトの高額案件として名高いジャンルですが、専門性の高い内容なので雑記ブログを参考にするユーザーも非常に少ないでしょう。

こういった自分のブログとは縁のないジャンルで、かつ専用サイトを作る意思の無いジャンルであれば、クラウドソーシングで記事を寄稿してみるのも全然アリです。

あくまで自分の持っている知識だけで寄稿する

クラウドソーシングに寄稿する際に最も勿体ないのは、記事を作成する為に勉強の時間を割いてしまう事です。

自分が運営しているブログの記事を作成する際に、他のサイトや資料を参照して勉強するのは自分の為でもあり、読者の為でもあります。しかし、採用されるかも不確実なクラウドソーシングの記事に勉強の時間を割いてしまうのであれば、その気力で自身のサイトを立ち上げてしまった方が良いでしょう。

クラウドソーシングに寄稿する記事は、特定ジャンルにおける自身の体験談など、調べずとも書き上げられるタスクに焦点を当てるのが、ブロガーにとって良い活用方法と言えるのではないでしょうか。

自分のブログを大事にしよう

クラウドソーシングで記事を寄稿しても、基本的に執筆者の名前はクレジットされません。

つまり、どれだけ良質な記事を書いても、世間的には依頼主の手柄になってしまうのです。ブロガーとして知名度が欲しい人にはやるせないですよね。

クラウドソーシングのように記事単価が明確になっていると、ライターにとっては収入管理がしやすいというメリットがあります。

しかし、目先の収入に捉われず自分のブログをコツコツと育てた方が、長期スパンで考えても自分の為になります。

自分のブログであれば書いた記事はすべて自分の資産になりますし、自身の知名度にも繋がりますからね。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - インターネット