ひとりクリスマス『クリぼっち』オススメの過ごし方3選

   

おはようございます、Dopey(@shunpoko)です。この記事が投稿される頃にはクリスマスを過ぎていますが、ハッピーホリデー。

皆様、今年のクリスマスはどのように過ごしましたか?家族、恋人、友達、ひとりでひっそり、様々な過ごし方があると思います。

僕はクリスマスを祝う習慣が無いので、楽しんでいる人達や嘆いている人達をSNSで観察して楽しんでいました。偉そうに俯瞰しているようですが、最も寂しい過ごし方をしているのは僕かもしれません。

今回はそんな非リア充に溢れたSNSの観察により発見した『クリぼっち』の楽しみ方を、いくつかご紹介します。

スポンサーリンク

adsense

ニコ生やツイキャスなどのストリーミング配信

ある意味ぼっちではありませんが、僕の周りは圧倒的にコレでした。配信する側も視聴する側も非常に多かったので、イベント感を感じられる1日でした。

特に多かった配信内容は『料理配信』です。クリスマスケーキを作ったり、肉を焼いたり、たこ焼きを作ったりとパーティー感のある料理が多かったですね。

中にはクリスマスなど目もくれず、いつも通り雑談やゲームなどの配信をする人もいましたが、それはそれでやっぱり面白いんですよね。

コメント機能があるので配信者にとっても視聴者にとってもぼっちを感じずに楽しめる過ごし方といえるでしょう。

ぼっちディズニー

かっけえ・・・。

抵抗がある人にはとことん無理な『ひとりディズニー』ですが、カップルやファミリーで溢れているテーマパークにひとりで飛び込む猛者がいました。

一部のアトラクションでは『シングルライダー』というファストパスを所持していなくてもファストパスエントランスから入場が可能な制度があるので、混雑していても素早くアトラクションに搭乗が可能です。

クリスマスを『ひとりディズニー』で楽しめる人は、どれだけ人生どん底に落ちても這い上がれるポジティブさを持っているでしょう。

ライブなどのイベントに足を運ぶ

どちらかというと解消策ですが、クリスマスにちなんだイベントを開催しているアーティストやイベンターは多いです。

カップルや友達連れのイベントではなく、ライブなどの音楽イベントであれば個人でも参加しやすいので、ひとりでも足を運びやすいでしょう。

また、イベントを介して知り合いにバッタリ遭遇したり、新しい友達が出来る可能性もあります。少しでも前向きでアクティブになりたいという方にオススメです。

さいごに

クリスマスをひとりで過ごす「クリぼっち」という言葉が使われていますが、クリスマスは誰かと過ごさないといけないという決まりもないので、結局は楽しんだモン勝ちでしょう。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 生活