いくらお金持ちでも、普段何をしているか明かさない人は信用しないに尽きる

   

世の中にはあんな事やこんな事でお金儲けをしている人が沢山います。

そこそこ歳を重ねてから新しい出会い機会があると、まれに自称『成功者』を紹介されるのですが、大抵がホラ吹きです。

特に、普段から何で儲けているか明かさない人は地雷の可能性が高いので、ハナから信用しないのが一番です。

スポンサーリンク

adsense

自称「成功者」は結構ブラックな事をやっている

僕の経験上、自称『成功者』で儲けのネタを明かさない人は大抵ロクな事をしていません。ネットとかであればわざわざ公開する必要は無いのですが、直接会ってお話をしているのに「成功するにはマインドが~」とか「お金があればこんな事できる」とか絵空事しか語らないような人は他人には言えないヤバい事をやっている人が大半です。

実際に何年かほど前に、職場の新入りから紹介したい人がいると言われ、自称『成功者』を紹介してもらいました。実際にお話を伺ってみると、儲け方のノウハウをいっさい明かさずとにかく語尾に「今度セミナーやるからおいでよ」を付けるヤバめ臭がプンプンする人でしたが、紹介されてから数か月後にお縄になりました。ですよねー。

もちろんセミナーを開催しているほどの人望があり、影響を受けている人がいるという事実は尊敬できるレベルです。でもどうせ、理想論や成功事例を語って自主性のない人達を洗脳してるだけなんじゃないの?

そんな理由から僕は技術的なセミナー以外は参加しないようにしています。ビジネスマインドなんて本やネットでいくらでも得られますからね。

僕のフォロワーさんにも怪しいアカウントがチラホラ

さて、そんな胡散臭い自称『成功者』ですが、最近ではTwitter上にも蔓延しているようです。特に僕はプロフィール上に「アフィリエイト」とか「Webライター」とか記載しているので、キーワード検索からやってきたであろうアカウントに滅茶苦茶フォローされます。

基本的に僕はフォロー返しをするスタンスですが、新規フォロワーのツイートを見てリプライを一切せずにURL誘導しているアカウントは絶対にフォローしないと心掛けています。別にフォローするだけであれば害は無いのですが、貴重な情報源であるTwitterのタイムラインが埋まってしまうのも煩わしいですからね。

次に最近特に怪しいと思ったアカウントを挙げておきます。被害が出る前に疑う癖を。

求人なのに住所の記載無い企業

「Webライター」検索でフォローしてくれたアカウントだと思うのですが、アカウントはオフィスワーク募集というそのまんまな名前です。

ツイート内容は募集職種と大まかな勤務地、そして問い合わせ先のメールアドレスをまとめたもの。プロフィールも同じで「高収入」とか「未経験」とか、まあお察し。

というか、会社のホームページもないのかよ!?

せめて会社の所在地とか屋号とか・・・いや、もういいや。頑張って。

パクツイにメルマガURL貼っただけの自称『成功者』

で、でたーwプロフィールに「好きなことで生きていく」書奴www もうこのネタ古いよね。あと「w」って打った後にそのまま文章って書きづらいよね。

話は脱線しましたが、このアカウントは自称『成功者』アピールをしまくってて凄いです。潔さに感服します。まず、ツイート内容が歌詞とか著名人のパクツイ。それをあたかも自分の言葉のようにし、最後に自分のメルマガ登録URLに誘導します。これって、もはやTwitterポリシー違反じゃないか。

フォロワー数も多いのですが、リプライしているアカウントは初期アイコンだったり同じアカウントばかりだったりと、サクラ臭がプンプンしますね。いや、実際に儲けている人なのかもしない!と思い、誘導されたメルマガ登録ページを見てみたのですが・・・あっ(察し

さいごに

実体験を基にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

ある程度のネットリテラシーを持っている方なら騙されたりしないと思いますが、ケータイ世代やスマホ世代の方だと乗せられそうで怖いですね。特にYouTuberという単語が知れ渡ってからは、情弱をターゲットにする怪しい人達が増えてきた印象です。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 社会