【2017年版】PGやSGにオススメ!ブランド別ガード向きのおすすめバスケットシューズ

      2017/01/04

NBA2016-17シーズン、日本でもBリーグが始まり、バスケットボールが益々アツくなってきました。

僕は10年ぶりにバスケットボールを再開したのですが、バッシュの進化は著しいですね。選ぶのに悩んでいます。

今回はポイントガードやシューティングガード向きの、軽量性や柔軟性、グリップに富んだバッシュをご紹介します。

スポンサーリンク

adsense

NIKE(ナイキ)

バッシュといえばこのメーカー。

機能性だけでなくデザイン性にも富んだシューズはプレイヤーのみならず、ストリートファッションとしても受け入れられています。

コービー11

前シーズンで惜しまれながらも引退してしまったコービー・ブライアントのシグネチャーモデル。

発売当初から一貫してローカットモデルを主力としており、履き心地とクッション性に優れています。

カイリー2

2015-16シーズンを制したクリーブランド・キャバリアーズのPGカイリー・アービングのシグネチャーモデル。

驚異的なドリブルワークを誇るカイリーのハンドリング、クロスオーバーに耐えうる設計で作られており、まさにPGの為のバッシュと言えるでしょう。

ジョーダン スーパーフライ5

最新のジョーダンシリーズでメッシュ素材により軽量化されたガードからフォワード向けのシューズです。

カラーバリエーション豊富で、デザインもカッコいいので実にナイキらしいバッシュと言えるでしょう。

adidas(アディダス)

若手NBA選手との契約によって、バスケットボール界でも勢いを増してきたアディダス。

ナイキと比べると日本での販売価格がやや安めなので、学生にも優しいです。

D リラード2

ポートランド・トレイルブレイザーズの勝負師ダミアン・リラードのシグネチャーモデル。

アッパー全体にメッシュ素材を起用し通気性に優れた設計になっています。初代リラードで不評だったフィット性能も改善されており、全体的にバランスの良いバッシュとなっています。

Dローズ7

今シーズンよりシカゴ・ブルズからニューヨーク・ニックスへ移籍したデリック・ローズのシグネチャーモデル。

最大の特徴はクッション性で、バネのあるソールを起用しています。本人の相次ぐ怪我の影響か、少しデザインがゴツくなったようにも見られます。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

ステフィン・カリーのスポンサー契約以降、バスケットボール界でも名を轟かせているスポーツブランド。

NIHONモデルは足のサイズ+0.5cm、それ以外のモデルは足のサイズ+1.0cmを目安に履くと良いでしょう。

UAクラッチフィット ニホン

日本人の足に合わせて設計されたアンダーアーマーの日本モデルです。幅が広めに作られています。

名前の通りフィット感が抜群で、吸いつくような感覚です。足首は固定されますが、素材が柔らかくドライブにも適しています。

カリー2.5

2016年に誕生した2年連続MVPステフィン・カリーのシグネチャーモデル。

過去モデルと比べるとデザインがグンと良くなり、フィット感がたまらないと評判です。

AND1(アンドワン)

アメリカのストリートバスケブランドですが、NBAでもスポンサー契約している選手がいます。

シューズ幅がやや狭いので、足のサイズ+1.0cmを目安に履くと良いでしょう。

TAI CHI MID

AND1の代表的なバッシュで、ガード向きな軽量シューズです。カラーバリエーションに富んでいます。

グリップ性に欠けると評判ですが、使用していくうちに馴染んでくるクセモノです。

さいごに

ということで、10年ぶりにバスケを再開したPGの僕が悩んだバッシュをまとめてみました。

ちなみに選ばれたのはコービーでした。フィット感がたまらんす。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - バスケットボール