参加したくない会社の忘年会をキッパリと断る方法

   

きっぱりNOと言いましょう!

といってはタイトルに期待して読んで下さった方に申し訳ないので、今回は正社員時代に飲み会を断りすぎて忘年会にすら誘われなくなった僕が「行きたくない忘年会の参加を断る」方法をいくつか伝授します。

12月も中旬に突入し、忘年会のシーズンとなりました。一部の会社では泊まり忘年会とかあるらしいですね。参加したくない人にとっては苦痛でしかないでしょう。

スポンサーリンク

adsense

心がまえ

忘年会の参加を断るのは武道でも何でもありませんが、まずは基礎知識を会得しましょう。言うなれば心がまえです。

この記事を読んで忘年会の参加を拒否しようとしている人は、おそらく普段からNOと言えない環境に自分を追い込んでいる人だと思うので、いきなりNOと断れと言っても難しいと思います。

まずは自分を正当化する社会の知識を学んで、うまく忘年会を断れるようにしましょう。

忘年会は強制参加ではない

どの会社でも言えるのですが、忘年会は強制参加ではありません

会社の行事とはいえ、給料が出ないのであれば労働時間外に該当するので、労働基準法に従って強要はできないのです。

どれだけ厳格な上司が「強制参加」と口にしても、労働基準法を盾に戦いましょう。

忘年会の参加有無に限った話ではありませんが、労働者である自分を守る為には労働基準法を知ることが大切です。

他にも忘年会に参加したくない人がいるか探す

仲間がいれば、怖くねえ!

どうしても一人で参加を断るのが不安だという人は、予め話しやすい同僚などに声をかけておきましょう。「忘年会、参加する?」と聞き、あまり乗り気でなければ「一人じゃ断りづらいから、一緒に断らない?」と道連れにすれば良いのです。

もしかすると、同僚としても忘年会の参加を避けたかったので、仲間がいないか探しているかもしれません。そんな同僚に声を掛けたアナタは、ヒーローのように扱われるかも?

不参加の理由はテキトーでOK

忘年会に参加しない理由なんて、本当は必要ありません。単純に「参加したくないから」で構わないのですが、仕事仲間から白い目で見られたくないと思うのであれば、テキトーな理由を付けておきましょう。断る理由は本当にテキトーでいいです。

  • 友人と食事に行く約束がある
  • どうしても行きたいイベントがある
  • 同窓会と日付が被った
  • ニコ生やツイキャスの配信予定がある

ただし、嘘の不参加理由を告げてしまうと、つじつま合わせが必要になるので、やはりテキトーな理由で参加しないよりも堂々と「参加しない」と告げるが吉です。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 社会