ブロガーはプロフィールページを必ず作るべきだと思う理由

   

こっそりとdopeylogでも『プロフィール』を作って公開してみました。ページを作りながら「誰が好き好んでこんなページ見るんだろう」という正論が頭の中を何度も何度も駆け巡りましたが、なんとか公開するに至りました。

意外と自分のプロフィールを書くのって神経が必要なんですけど、書いていて面白いんですよね。普段から書きたい事を書き殴っているブログではありますが、自分のプライベートを晒し過ぎるのも考え物ですからね。

今回はそんな繊細でセンチな男が、なぜブログにプロフィール掲載が必要なのかについてまとめてみます。

スポンサーリンク

adsense

ブロガーとして人間としてもっと知ってもらいたい

人間には3大欲求の他に『承認欲求』という他人に認められたい欲があるそうです。

昔から薄々と気付いていたのですが、僕はこの承認欲求が異様に強いです。何かに挑戦するからには誰かにも見届けて貰いたいと常に思っており、そんな理由からゲーム実況プレイ動画やブログを始めたと言っても過言ではありません。僕が思っていること考えていることをさらけ出し、誰かに見てもらう読んでもらう。そして何かしらの刺激を与えた後に批判でも肯定でも構わないので、何かしらのリアクションを頂けたのであれば、それは万々歳です。

ただし、承認欲は自分に自信が無い裏返しとも言えるでしょう。

20代前半の頃はとにかく自信過剰で自分中心に周りをかき乱していましたが、20代半ばにもなると様々な価値観の人達と巡り合い、何が正解で何が不正解なのか自分だけではよく分からなくなってきます。すると段々と自分に自信が無くなってきてしまい、結果として承認欲が異様に強くなってしまうのです。

目立ちたければ顔出し

今のネットであれば、顔写真の公開は全然アリだと思います。顔出ししている人は印象に残りやすいので、目立ちたいのであればドンドン顔出しすべきです。

そんな僕はプロフィール向きの写真がないので、ひっそりと撮ってくれる方を募集していたりしなかったり。

10年前はネットに顔写真をUPするなんて考えられませんでしたけどね。時代かな。

プロフィールを見てもらえたら「勝ち」

ブロガーは「プロフィールを読まれる」ということを、ひとつの目標にするべきです。

当ブログのような『雑記型ブログ』では様々なジャンルの記事が詰め込まれているので、訪問者は他のジャンルに興味がなければ去っていきます。また、商品のまとめやレビューの記事は検索流入主なトラフィックです。商品に興味を持っていても、ブログの著者には興味を持たないユーザーが大半でしょう。

ですが、サイトのデザインや文章の表現力から、著者がどんな人間なのか気になってくれるユーザーが必ずいます。そしてそのユーザーこそが、ブログのリピーターでありターゲットとなるのです。

僕も今までそれなりの数のブログを見てきましたが、現在も継続して読んでいるブログは著者に惹かれている場合がほとんどです。

文章や表現で読者を魅力する、そんなブロガーってカッコいいと思いませんか?

さいごに

かん吉さん、アフィリエイトMVP受賞おめでとうございます。

10月に出た『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』は初心に帰れるバイブルとして重宝しそうです。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ブログ運営