オワコン化の著しい紅白歌合戦は何処へ向かっているのだろうか

   

3b2b9075458aed34ed35946c4b51b4fb_m

和田アキ子を紅白に出せ!

いや、出演しても別に見ないんですけどね。なんか出演しててくれた方が安心するじゃないですか。

長寿番組にはオワコン・・・じゃなくて、お年寄りに支持されている人が出演して頂いて、あとはそっちで勝手にやっててくれた方が視聴者層が上手く乖離できて良いと思います。

そんな考えなので2016年のNHK紅白歌合戦は迷走という言葉が相応しいラインナップになっていると考えてしまうのでした。

スポンサーリンク

adsense

紅白歌合戦のラインナップを見てウンザリ

コチラが2016年のNHK紅白歌合戦ラインナップです。

どうでしょう、お気に入りのアーティストは出演していますか?

個人的にはあまりパッとしないし、長時間は視聴できないと思っています。

『宇多田ヒカル』や『RADWIMPS』の初出場や、『ピコ太郎』を起用したオリエンタルラジオの『RADIO FISH』が出演するのは分かります。完全にピコ太郎バーターですが。

ただ、中には2016年アーティストとして何やってたの?と思うような出演者も多々いるのです。

僕が無知なだけなのかもしれないので誰とは言いません。誰とは言いません。

もちろん個人の好みもあると思いますが、こう胸にグッとくる"衝動"が足りないように感じます。

番組を盛り上げるなら、もっとその年に活躍したアーティストを出演させるべきなのでしょうが、実際にラインナップを見てみると「何年か前に活躍してたな」と思うアーティストが多い気がします。

それがある意味、長寿番組らしくて良いのかもしれませんけどね。

だた、第一線で活躍しているアーティストを押し出す気がないのであれば、『和田アキ子』や『小林幸子』は切るべきでなかったのではないでしょうか。

大抵の音楽好きな若者はCDJに行く

372ac63bdbd7a91ec23d4cdd2e6d773e

ステマみたいだなぁ!?

僕はデカいフェスが苦手なので行きませんが、友達や知人は大抵COUNTDOWN JAPANへ行きます。

紅白歌合戦は「何年か前に活躍してたな」と思うオワコンアーティストが多いのに対し、CDJは精力的に第一線で活躍しているアーティストが多いです。

SNSや動画サイトを見ていても、よく目にするアーティストが多いですよね。

NHK紅白歌合戦は「日本音楽界の登竜門」的な存在なのかもしれませんが、今やSNSや動画サイトを活用した音楽活動が主流ですし「紅白歌合戦に出演した」という経歴そのものが軽視されているのかもしれません。

さいごに

なんだかんだ言っておきながら、見ないんですけどね。

そもそも男女で歌の対抗戦をする意味がよく分からないので勝敗とかマジクソどうでもいいですし、男女が混同しているグループだっているわけですし。

「こまけぇこたぁいいんだよ!!」って言われればそれまでですね、はい。

宇多田ヒカルだけは見るかも。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - エンタメ