アナタはどれだけ知ってる?アラサー男子の選ぶ「今の20歳は知らないだろう」と思うJ-POPアーティスト27選

   

1f897146d24dbbf1aa2c74a4e50094b3

今の20歳はケミストリーを知らないらしい。

まったく驚愕しなかったとは言いませんが、ぶっちゃけ20代半ばの人でも「そういえば、そんな人達いたなー」と思う程度でした。
歌の上手い印象はあったのですが、当時は子供すぎて良さが分からなかったのかもしれません。

最近はBuzzfeedに投稿された年齢差ヒット曲の記事がバズったように、今の若者ってコレ知らないの?といったアラサー向けの記事が流行しているようです。

今回は先日アラサーに突入した1990年系男子が、今の20歳は知らないだろうなぁと思うアーティストをピックアップしてご紹介します。

ティーンエイジャーの方達には「誰?」アラサーの方達には「そういえばそんなアーティストいたなー」と思っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

adsense

活動休止または解散したアーティスト

Hysteric Blue

1998年に「RUSH!」でメジャーデビューした女性ヴォーカルロックバンド。

代表曲は紅白歌合戦で披露した「春~spring~」やドラマ『P.S. 元気です、俊平』に起用された「なぜ・・・」など。

当時はJUDY AND MARYのパクリだの何だの言われていましたが、明るさの中にどこか切なさを感じられるヒスブル独自の雰囲気があります。

ベースに故佐久間正英さん、黒夢の人時さんがサポートで演奏していたことでも有名です。ヴォーカルのTamaさんは現在「Screaming Frogs」という音楽ユニットで活動しています。

ZONE

2001年にメジャーデビューしたガールズバンドで、2005年に解散しました。その後、代表曲ともいえる「secret base ~君がくれたもの~」の歌詞の通り10年後の2011年に再結成しましたが、様々なトラブルに見舞われ2013年に活動終了しました。

「secret base ~君がくれたもの~」はアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のEDテーマになったり、SCANDALがカバーしたりと、現在でも耳にする機会は多いです。

Whiteberry

1999年にメジャーデビューしたガールズバンドで、2004年に解散しています。

代表曲は2000年の「夏祭り」で、現在でもよく耳にする曲だと思います。個人的には映画『ピカチュウのドキドキかくれんぼ』に起用された「かくれんぼ」という曲がお気に入りです。

野猿

現在も放送中のバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』から誕生した音楽ユニットで、お笑いコンビ『とんねるず』の2人と番組スタッフで構成されたほぼ素人の音楽ユニットです。

番組内でメンバーの人気投票を行ったり、全国の握手会を開催したりと、ある意味AKB48の走りとも言える活動をしており、握手会には当時小学3年生だった佐々木希さんがお客さんとして観に来ていました。

ネタで結成したにも関わらず作詞家に『秋元康』さん、ダンスの振り付けにTRFのETSUさんを採用したり、気を引き締めるために横浜アリーナでコンサートしたり、紅白歌合戦に出場したりと、いち音楽アーティストとして大成しています。

代表曲は「叫び」「Be cool!」「First impression」など。
特に「Be cool!」はダンスの振り付けに定評があり、現在もコピーする人が後を絶ちません。

なぜか同時期に活動していた「モーニング娘。」とよく比較され、ミュージックステーションで共演した際には「モーニング親父。」と自ら比喩していました。

I WiSH

2002年に恋愛バラエティー番組『あいのり』でデビューシングル「明日への扉」が起用され、一躍有名になった女性2人組ユニットです。

I WiSHとしての活動期間は短く、2005年を以て解散しました。ヴォーカルのaiさんはソロで「川嶋あい」として現在も活動しています。

くず

バラエティ番組『ワンナイR&R』で誕生した歌の上手いお笑いタレント宮迫博之さんと山口智充による2人組音楽ユニット。

2001年に「ムーンライト」でデビューし、2004年には「すべてが僕の力になる!」でオリコン1位を獲得するほどの人気を得ましたが、後に自然消滅?しました。

時給800円

2003年にバラエティ番組『ココリコミラクルタイプ』から誕生したお笑いタレント「遠藤章造」さん「八嶋智人」さん「品川祐」さんの3名で結成された音楽ユニット。

死ぬほどあなたが好きだから」がヒットするも、その後は大した活動もなく2006年に解散します。グループ名は流行していたモンゴル800から。

サザーランド

2004年にメジャーデビューした山形県出身の4人組ロックバンドです。

デビューシングル「Silent movie」はプロミスのCMで使われ、当時はミスチルっぽい声の人として認識されるも、その後はヒット曲もなく2008年に解散しました。

麻波25

1996年に結成されたミクスチャーバンドで、Dragon Ashやスケボーキングらとツアーするなど、当時のロックバンド界隈ではかなりの人気がありました

2002年にリリースした「SONS OF THE SUN」は『ポカリスエット』のCMソングになり、一般的にも有名になります。

その後メンバーの相次ぐ脱退により、バンドは2004年に解散してしまいました。

KICK THE CAN CREW

1996年に結成された日本のヒップホップグループ。2001年に「スーパーオリジナル」でデビューし、その後も「マルシェ」や「地球ブルース~337~」などのヒットソングを残します。

当時のメジャー音楽界ではヒップホップユニットの存在が珍しく、その音楽性からもアンダーグラウンドとは一線を画した存在となっていました。
2004年に解散し「KREVA」「MCU」「LITTLE」の3人はそれぞれソロ活動の道を歩むこととなります。

Vo Vo Tau

2003年にデビューした、当時のJ-POPには珍しいR&Bの音楽グループ。

2004年に「裸~Nude~」という危険極まりないタイトルのシングルがヒットするも、2006年に解散。台風のように去っていきました。

BON-BON BLANCO

2002年にデビューした女性音楽ユニット。

2004年に発表したシングル「BON VOYAGE!」がアニメ『ONE PIECE』のオープニングテーマとなり、音楽番組から引っ張りだこになります。

楽器はマラカスやボンゴといった打楽器のみで構成された珍しいスタイルのお陰で他にヒットソングが生まれず、様々な路線変更をした挙句に解散しました。

岸本早未

2003年に16歳という若さでデビューした女性ソロアーティストです。

アニメ『探偵学園Q』のOPテーマとなった「迷Q!?-迷宮-MAKE★YOU-」がヒットし同世代の女性から支持を得るも、以降パっとしないまま自然消滅しました。

day after tomorrow

元Every Little Thingの五十嵐充さんがプロデュースする、avexの大型新人としてデビューさせた3人組ユニット。

メンバーは倖田來未の妹で現タレントのmisonoさんと、後にGirl next doorへ加入する鈴木大輔さんと非常に豪華でした。

2002年にデビューし2005年に活動休止したため、活動期間が非常に短い。曲は「Starry Heavens」などが有名です。

GOING STEADY

現銀杏BOYZの峯田和伸さんを中心として結成された青春パンクロックバンド。当時の中高生に絶大な人気を誇りました。

2000年代初頭の青春パンクロックブームを語るうえで欠かせないバンドとなりますが、2003年の全国ツアーを目前に突然解散を発表しました。

19

1998年に結成されたフォークデュオ。かつてはポップでメッセージ性のあるイラストレーターで有名な326さんも在籍しており、アートワークを担当していました。

あの紙ヒコーキ くもり空わって」」や「すべてへ」で若者中心に大ヒットしますが、2002年に解散しました。

元メンバーの岡平健治さんは、青春パンクロックバンド『3B LAB.☆S』を結成し現在も活動中です。

ポケットビスケッツ

バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から誕生した3人の芸人から成る音楽ユニット。

最近では年末のガキ使くらいでしか見かけない千秋さんがメインヴォーカルとなり、2000年の活動休止までに「Yellow Yellow Happy」「Red Angel」といったミリオンヒットソングを残します。

番組の企画では後述するブラックビスケッツとの対決に破れ、マスター音源が鉄球で破壊されたことがあり、現在のアラサー達にトラウマを植え付けました。

ブラックビスケッツ

前述のポケットビスケッツ同様に『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から誕生した3人組の音楽ユニット。

ポケットビスケッツに対する悪役的な存在でしたが、徐々に人気を博し「Timing」は200万枚を売り上げるヒット曲となりました。

メインヴォーカルを務めたビビアン・スーさんは2014年に入籍し2015年には第一子を出産しました。アラフォーとは思えない美貌にビックリするはず。

TMG

B'zのギタリスト松本孝弘さんが2004年に結成したロックバンド。

Mr.BigのヴォーカルEric Martinさんをヴォーカルに迎えるなど豪華な顔ぶれでしたが、1枚のシングルと1枚のアルバムだけ残し、自然消滅します。

代表曲の「OH JAPAN ~OUT TIME IS NOW~」スポーツ番組のテーマソングとして起用され、音楽番組『ミュージックステーション』『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にも出演するなど、そこそこメディアに露出していました。

活動中のアーティスト

小柳ゆき

1999年に「あなたのキスを数えましょう ~You were mine~」でデビューした女性ソロアーティスト。

当時の女性アーティストの中では圧倒的な歌唱力と声量を持っており、タイタニックの主題歌を歌った『セリーヌ・ディオン』に匹敵する歌唱力を持った歌手として話題になりました。

しかし、普段からテレビへの露出が少ないせいか、当時学生だった僕らの中でも大して話題にならず埋もれてしまった人。

Kiroro

長い間」でメジャーデビューした沖縄出身の女性2組アーティスト。

NHK紅白歌合戦の出場回数は3回で、最後に出場したのは2001年になります。

その後はメンバーの結婚や出産を機に音楽活動の頻度は低下していきますが、現在も活動は続いています。

光永亮太

2003年に放映された松たか子主演のテレビドラマ『いつもふたりで』の主題歌「Always」でメジャーデビューを果たした男性ソロアーティスト。

「Always」は39万枚を売り上げたものの、その後の活動はパッとせず一発屋のレッテルを貼られてしまいます。

hitomi

1994年に小室哲哉プロデュースでデビューした女性シンガーソングライター。浜崎あゆみと並んでCDジャケットが際どい人として青少年の心をくすぐりました。

代表曲は「LOVE 2000」など、皮肉なことに1998年以降の脱小室後の曲の方がヒットしています。

今年2016年に第3子を出産するなどママ活が目立ちますが、正式な活動休止は発表していません。

花*花

1998年にデビューした女性2人組の音楽ユニットで、代表曲は「あ~よかった」「さよなら 大好きな人」など。

「あ~よかった」は、現在も続くバラエティ番組『ダウンタウンDX』のテーマとして採用されました。

2003年の末に突然事務所が消滅したため、活動休止を余儀なくされます。しかし2009年に事務所を変更し、現在も活動を続けています。

女子十二楽坊

中国の古楽器演奏グループで、インストゥルメンタルバンドに該当します。

日本で最も有名な曲は「自由」で、収録されたアルバムは約200万枚も売れる大ヒットとなりました。

河口恭吾

2003年4月に「」でヒットした男性ソロアーティストです。

同年3月に『森山直太朗』の「さくら(独唱)」がヒットしており、お互いクレジットが本名であることから混在する人がいたとかいなかったとか。

三木道山

代表曲とも言える「Lifetime Respect」では国内初のレゲエでオリコン1位を獲得し、ミリオンセラーとなりました。

全国ツアーを開始するも以降は表立った活動は無く、現在は『DOZAN11』という名で活動しています。

さいごに

この記事を書いた人は最近になって、ようやく星野源を知りました。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 音楽