少し早いけど2016年のネット話題を振り返る「くまみこ最終回」「新田恵美」「性の喜びを知りやがって」など

   

916a6e0fa59c0ff5dacf5b4ede7d7eb5_m

ORICON STYLEでは早くも2016年の「新語・流行語大賞」を予想しており、2016年もあと2ヶ月ほどで終わってしまうんだなーと実感しています。
2016年「新語・流行語大賞」大予想

この「新語・流行語大賞」は出版社が定めており、TVで取り上げられたニュースやスキャンダルには敏感なのですが、ネットの話題にはあまり触れてくれません。

普段からテレビを視聴せず、ネットにへばりつく僕のような人間は「新語・流行語大賞」を見ても「は?なにそれ?」と思う方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ニュースとして(大きく)取り上げられなかった2016年の話題を振り返ってみることにしました。

時の流れをひしひしと感じながら読んで、どうぞ。

スポンサーリンク

adsense

スタバでダベる女子大生に対し畏敬の念を禁じ得ない

1月22日「もはや日記とかそういう次元ではない」に投稿された記事です。

Twitterではその独特な文章、表現力から瞬く間にバズり「天才」とまで称されるようになりました。

女子大生は仏陀です。

630万回以上のテストに耐えたイス

2月24日放送の「ヒルナンデス!」で紹介された630万回以上のテストに耐えた絶対に壊れない椅子「ポエング」ですが、生放送中に芸人のオードーリー春日がイスを破壊し、話題となりました。

後に「ポエング」の耐久テスト風景が動画サイトで発見されるも、あまりの弱々しいテスト内容に「こんなテストじゃ壊れて当然」と言われてしまうのでした。

くまみこ最終回

出だしこそ高評価だったアニメ「くまみこ」ですが、最終回を迎えるにつれアニメオリジナル改変がエスカレートし、最終的に炎上してしまいました。

ほのぼのとした田舎の日常を描く物語が、一転して「ホラー」「サイコパス」となる展開に、ニコ生アンケートでも回答者の半数以上が、最も悪い「良くなかった」という評価を下します。

その後も「脚本家が逃亡」「原作者から苦言」とネタになる話題が止まず、BD版ではストーリーやセリフが修正される事態となりました。

最終話までほのぼのとした日常を貫く「ふらいんぐうぃっち」の一人勝ちです。

新田恵美

当ブログは子供でも安心して見れる綺麗なブログなのでノーコメント。

事実無根にしろ「チブアイブ!」は流石に草。

PCデポ

膨大な解約金を請求された内容のツイートが話題となり、瞬く間に「PCデポ」が大炎上しました。

最初はTwitterだけで収拾するのかと思いきや、ヨッピー砲を浴び、更にはテレビのニュースでも取り上げられる事態となります。

結果としてわずか2ヶ月で株価が6割も下がってしまうというネットの怖さを再認識するには充分すぎる話題となりました。

性の喜びを知りやがって

9月に撮影された例のアレ。YouTubeやニコニコ動画で瞬く間に有名となり、政治活動で有名なYouTuberであるKAZUYAさんにもネタにされます。

実際のところ、投稿された動画自体は明らかな盗撮で、ネタにするのもモラルを問われそうですが・・・ぶっちゃけ面白い。

あの語彙力と表現力にはライターとしても学ぶ部分が多いと感じました(小並感)

気になる方は検索して、どうぞ。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - インターネット