評判の悪い楽天カードだけど、楽天で買い物するなら持っておくべき

      2016/10/18

Amazon至上主義な僕でしたが、ブランド物などは偽物が怖いのでやっぱり知っている店で買いたい。
そんな疑心暗鬼から楽天で買い物をする機会が増えてきたので、ポイント等のメリット欲しさに今更ながら楽天カードを作成してみました。

しかし、

フリーランスで低所得だけど楽天カード、そもそもクレジットカードの審査には通るのか?

ググってみると、皆さんそこそこ苦戦している様子。
クレジットカードですから収入が少なければ審査も通らないわけで、ある程度は覚悟しないといけませんよね。

まぁ、

審査に通って無事、発行できたんですけどね。

なんだかんだ評判の悪いカードだったので上手く使えるか不安だったのですが、いざ使ってみると便利すぎて恐れ入りました。

今までクレジットカードに無頓着だったというのもありますが、楽天市場での買物から普段の買物までほぼ全ての買物に楽天カードを使うようにしています。

スポンサーリンク

adsense

申請から発行まで15日かかった

楽天カードの申請時にとあるフリーランスさんの記事を読み「申請から発行まで約1週間ほど」と書いてあったので「1週間とかあっという間やん。楽天で買おうと思ってた商品、全部1週間後に頼んだろ」と思っていましたが、実際にはその倍近くかかりました。

申請から到着までの流れは次の通りです。

1日目 楽天カード申請

電車の広告で楽天カードマンを見かけなくなったなーという今更感を感じつつ、楽天カードの申請をします。

フリーランスということもあり、気になるのは審査に通るかどうか。
正社員時代であれば何の躊躇もなくポンポン申請できましたが、収入が不安定かつ独立したての僕で、果たして審査は通るのか気になってやみません。

申請情報の入力中に気になった項目が3点ほどあります。

まずひとつ目が「自動リボ」です。
この項目をオンにすると、お買い物時に一括払いと伝えても、購入後に自動的にリボ払いになってしまうという恐ろしい項目です。
分割払いが嫌いな僕なので勿論オフにしましたが、明細に目を通さずバンバンとカードを使っている人は、気付かぬうちにリボ払い地獄に陥りそうですね。こわいこわい。

ふたつ目は「カードのキャッシング枠」です。
フリーランスにとってこの項目がクセモノらしく、改正賃金業法によって、キャッシング枠を申請するには『収入証明書類』が必要となりました。これによってキャッシングの限度額は年収の3分の1になるそうです。
もともとポイントの付与が目的で楽天カードを作成する僕なので、この項目もオフにしました。

最後は「勤務先電話番号」です。
自営業で事務所も持っていない僕には自宅の電話番号しかありません。かつ携帯電話の電話番号とは別の電話番号を求められた為、やむなく自宅の電話番号を登録しました。
登録された勤務先電話番号に連絡がくるのは稀らしいですが、固定電話を出る習慣が無い僕は少しキョドってしまうのでした。

他には取り立てて悩む項目がなく、あっさりと申請が完了します。

8日目 楽天カードから電話をもらう

申請から1週間後、登録した携帯電話の電話番号に楽天カードから連絡を頂きました。
「申請してから1週間が経過したから、審査が通ったのかな?」とワクワクしながら受電しましたが、実際には入力情報の確認でした。なんだ、まだ時間かかるのか・・・。

確認内容は「職業」の項目を『自営業』にした部分について。「具体的な業務内容」と「屋号」について問われました。
嘘をつく場面ではないので「具体的な業務内容」は『アフィリエイト』で、「屋号」はまだ申請していないので『ナシ』と回答しました。

この2点のみ確認され、あとは楽天カードの簡単な説明をもらいました。電話を終えた後に、審査を通させていただくとのこと。
そして電話を終えた1分後に「カード発行手続き完了のお知らせ」というタイトルのメールを受信。審査は無事に通ったみたいです。

よし、これで後は到着を待つだけ!2~3日くらいで届くのかな?ワクワク。
しかし楽天カードが到着するのは審査完了から5日後でした。

13日目 楽天カード到着

img_20160930_142425

忘れかけていた頃に書留が到着。5年振りのクレジットカード作成なので印鑑を用意しておくのを忘れていました。
中には関連書類と楽天カードが入っており、他に目ぼしいものは同封していません。オモチャじゃないんだから当然ですよね、何を期待していたんでしょう。

同封書類の中に「楽天e-NAVI」のエントリーに関する書類がありました。

img_20160930_151927

「まーたポイントを餌に色々と登録させてようとしてんのか?あぁん?」と思われそうな書面ですが、「楽天e-NAVI」では利用明細を確認できるので、可能であればカードを使う前にエントリーしておいた方が良いです。
エントリーといってもログインするだけなので非常に簡単です。毎月の引き落とし日や請求月も確認できるので、使わないと寧ろ不便かも。

これにて、めでたく楽天カード生活が始まるのでした。

まとめ

  • フリーランスで低所得だと発行まで約2週間かかる
  • キャッシングの限度額は年収の3分の1
  • 「楽天e-NAVI」を使えば利用明細が確認できる

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

使ってみて感じた楽天カードのメリット

s_2108a95ccc1a7d027567f4e86e44d846_m

よく「楽天カードはどこで使える?」といった質問をYahoo知恵袋とかで見かけますが、そもそもクレジットカードなのでクレジットカードが使える店ならどこでも使えますし、楽天市場加盟店でなくとも最低1%のポイントが貰えます。
意外と認知されていないみたいなので、コレ豆知識です。

楽天カード到着後、真っ先に月々の公共料金を楽天カードでの支払いへ変更しました。
具体的には「スマートフォン」「モバイルルーター」「ガソリン代」の支払いです。一人暮らしの方であれば「電気」「水道」「ガス」「インターネット料金」などにも使えますね。

今まで銀行のクレジットカードを利用しており、楽天カードと同様に100円につき1ポイントを頂いていたのですが、そのポイントも楽天ポイントに毎回交換していました。
支払いを楽天カードへ変更したことによって、楽天市場に加盟している店舗以外のカード利用で付与されるポイント差は無いのですが、銀行のポイントから楽天ポイントに交換する手間が省けました。

楽天カード以外のカードで得たポイントを楽天ポイントに交換するのなら、最初から楽天カードを使っておけ!という事ですね。

他にも今まで現金で支払いしていた「処方箋」なども楽天カードで支払うようになりました。
もはや現金を持ち歩くつもりがないです。実際に持ち歩かないと困るんですけどね。

ちなみにetcは付けていません。etcを付けると年会費540円が発生してしまうのと、既にetcカードを所有していたので、新たに追加する必要はないと思ったためです。

楽天市場での買物と楽天ポイント加盟店

注意したいのが「楽天市場での買物」と「楽天ポイント加盟店での買物」によるポイント還元率です。
ここでいう「楽天市場での買物」とは、インターネットでの注文(通販)を指し、「楽天ポイント加盟店での買物」は楽天マークのある実店舗での商品購入を指します。

「楽天市場での買物」におけるポイント還元率は4%に対し、「楽天ポイント加盟店での買物」におけるポイント還元率は3%と、インターネットで注文をした方がポイント1%おトクになるのです。
2016年10月6日時点での還元率なので、今後は変動する可能性もありますが、この違いはよく覚えておいた方が良いでしょう。

まとめ

  • 楽天カードの利用で基本100円につき1ポイント
  • 楽天カードにはetcを搭載可能だが、年会費540円が必要
  • 楽天市場で楽天カードを利用するとポイント還元率4%
  • 楽天ポイント加盟店で楽天カードを利用するとポイント還元率3%

「楽天カード新規入会+利用で5,000ポイント」のカラクリ

2016年10月6日現在、5,000ポイントが付与されるキャンペーンを実施していますが、内容を知ると少しエグいです。
厳密には計5,000ポイントと表記した方が混乱しないかもしれません。

「楽天カード新規入会+利用」と記載されているように、ポイントの付与は「楽天カード新規入会」と「楽天カードの利用」の2段階に分けられています。

まず楽天カードの新規入会つまりカード発行で2,000ポイントが付与され、残りの3,000ポイントは楽天カードの初回利用日の翌月20日頃に付与されます。
つまり、ひと月に5,000ポイントまるまる貰えるワケではないんです。

よく楽天市場で買物する時に、合計金額から5,000円引きされた計算式を見せつけられるのですが、実際に5,000ポイントまるまる使えるのは発行から約2ヶ月後になります。
なので緊急で5,000ポイントが欲しくても、最初の月は2,000ポイントしか貰えないので注意しましょう。

まとめ

  • 楽天カードの新規入会つまり発行で2,000ポイント付与
  • 楽天カード初回利用日の翌月20日頃に3,000ポイント付与
  • 5,000ポイント一度には貰えない

さいごに

楽天市場で買物をする際、通常のポイント還元率は1%ですが、楽天カードを利用すればポイント還元率4%になるのはデカいです。
まんまと乗せられた感はありますが、楽天市場で買物をする機会があるなら、持っておいて損はないカードですし、楽天市場での買物専用カードにしてみても良いと思います。年会費だって無料ですし。

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 生活