独自なメニューの炙り味噌ラーメン!真武咲弥(シンブサキヤ)

      2016/12/07

お昼時を逃すと、ラーメン屋ってなかなか探しづらいですよね。

人気のラーメン屋さんはお昼を過ぎた15:00頃には閉店してしまい、夕方18:00以降から再びオープする店が多いと思います。

そうなんです、今日は丁度15:00を過ぎた頃に「ラーメン食べに行こう」となり、大苦戦しました。

行きたいラーメン屋さんはどこも一時閉店・・・。

ヤバい、ラーメン欲が収まらない。

そして迷いに迷った結果、つくばの真武咲弥(シンブサキヤ)というラーメン屋さんへ行きました。

スポンサーリンク

adsense

フリガナがなければ読めないラーメン屋さん

s_写真 2016-08-24 16 00 36

炙り味噌の文字が印象的な看板です。

つくばの他には札幌と渋谷にも店舗が点在しているみたいですね。地方でなく日本各地に店舗を進出させるとは冒険者だなーと感じました。

s_写真 2016-08-24 16 00 47

完全に炙り味噌ラーメンを推している暖簾が入り口に立てかけられており、インパクトを感じます。

ここまで推されたら注文するしかないでしょ!?

それにしてもこの絵、どこかで見た事あるような。。

炙り味噌味玉ラーメン 830円

s_写真 2016-08-24 16 13 35

こちらが今回注文した炙り味噌味玉ラーメンです。見た目とニオイは完全に味噌のソレです。

特殊な点はチャーシューの上に盛られた「しょうが」でしょうか。今まで食してきた味噌ラーメンに「しょうが」をブレンドするのは、このお店が初めてです。

写真 2016-08-24 16 13 55

スープは13種の食材を使用した秘伝味噌との事。もちろん詳細は企業秘密・・・?

見た目ほどコッテリしておらず、寧ろあっさりしています。

野菜とニンニクを強火で炙ったことから「炙り味噌」と呼称したそうなので、やや強めの香りがするのかと思いきや案外よくある香りでした。

スープを飲んでみるも、特に「炙り」の印象がなく、正直なところよくある味噌ラーメンのスープと言わざるを得ない印象です。

写真 2016-08-24 16 14 31

麺は北海道味噌ラーメンらしく玉子ちぢれ麺を採用しており、スープと絡みやすく食べやすいと感じました。

野菜(といってもモヤシとネギだけですが)のシャキシャキ感もまぁまぁ。麺と一緒に食べてもまぁまぁ。

うーん・・・ちょっとパンチ不足かなぁ。

総評

ぶっちゃけ「特徴がありそうで特徴の無い味噌ラーメン」でした。

「炙り」と「しょうが」に期待を寄せていたのですが、スープからは炙られたニンニクや野菜の香りを感じられず、特筆すべき印象が無いというのが本音です。

「しょうが」こそスープのワンポイントになるかと思っていたのですが、完全にスープのベースに消されており物足りなさを感じます。量を倍くらいにしても良さそう。

ということで、中休みのあるラーメン屋さんはやっぱり安心できると再確認する結果となってしまいました。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ラーメン