雪で交通機関が乱れるニュースを見るたびに「正社員を辞めて良かった」と思える

      2017/01/06

こちら茨城は大雨と強風で寝てる間も「うるせー!」といった状況でしたが、茨城から少し南の首都圏では今年初の雪が降ったみたいですね。

<参考>
【日本すごい】この雪じゃさすがに運休やろ・・・えっ?(オタクニュース)

雪が降るたびに思うのですが、いっそのこと学校も会社も何もかも休みにしちゃえばいいんですよ。みんなで雪だるま作ったり雪合戦しているほうが楽しいじゃないですか。

え?こっちは真面目に仕事しているのに大口叩くなって?スンマセン在宅ワークでwww

スポンサーリンク

adsense

雪は怖い

s_6ce37d6e258de370840b9bf2931f93d0_m

雪国の慣れている地域であれば日常茶飯事化と思いますが、首都圏における雪の存在って実はとても恐ろしいんですよ。

ニュースを見ていると交通機関が乱れに乱れて駅に人がごった返しているじゃないですか。あんな光景を見ているとゾッとしますよね。

その光景を見ているだけでも怖いのですが、本当に怖いのは「雪は生命を脅かす」からです。

まず、歩行者でさえ雪によって歩行中に転びます。雪が積もっていると、歩行者は家の外に出るだけでも危険なのです。

NHK NEWS WEBでは1月18日午前中だけで93人が転倒などにより怪我をしたと報じられています。93人もですよ?他人事じゃないです。

子供が転んだら「あらかわいい」と微笑ましい光景で済むかもしれませんが、オジちゃんオバちゃんが転倒したらシャレにならないレベルで危険です。ちなみにスーツを着たサラリーマンが転倒したらただの笑いモノです。

車や電車は凶器となる

積雪時でイチバン怖いのは自動車と電車です。これらはもはや凶器です。

自動車は言わずもがな、スリップします。最悪なのは転倒して歩行者を巻き込んでしまう事です。ただでさえ走る凶器なのに、雪によってより鋭度を上げてしまうんです。積雪時くらいガソリンの節約をしましょう。無理して乗ってもそんなに良い事ないと思います。

そして、電車もかなりの凶器となります。

積雪時に無理やり電車を動かせばこんな悲惨な事故が発生する可能性だってあるワケです。

こんな悲惨な事故を目の当たりにしても「会社に行かなきゃならないんだから、電車を動かせ!」なんて言えますか?

交通機関が乱れても業務が運行できるシステムを導入する

4619982e217a39ca87220f7ad870d97d

と、ここまでは理想論と感情論を織り交ぜて書いてみました。ですが、実際には雪の日だろうが絶対に外せない仕事やタスクを抱えている方も多いでしょう。

そんな方は発想を変えてみましょう。「会社に行かなければならない」から「仕事をしなければならない」にコマを戻すと「会社で仕事をしなければならない」という固定概念が崩れ去ります。

そうすると「仕事をする場所を変える」という発想にたどり着けるハズです。もちろん、他にも会社に行かなくても良い方法があるかもしれません。

例えば会議であればSkypeなどのビデオ通話を使用すれば良いですし、コーディングやデータ入力であれば在宅で作業できるように事前に準備できるハズです。

在宅ワークはセキュリティの懸念もあるかと思いますが、近年ではソリューションのクラウド化によって働く場所を選ばなくなってきています。

がむしゃらに現状を打破するより、発想を転換して新しい働き方に着目してみてはいかがでしょうか。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 社会