『サイレントマジョリティ』の同意を得るブログ集客術

      2017/01/06

2d2a556b736d8753341bebed5eeddf4e

ブログを運営していく上でアクセス数はモチベーションに繋がります。武骨な方であれば「アクセス数なんて関係ないぜ、俺は自分の書きたいことだけを書くんだ」みたいな事を言えるかもしれませんが、僕は豆腐メンタルなので皆さんのアクセスがあってこそブログを運営していて良かったと思える人間です。

ブロガーの中には一定数のセッションやPV数で満足してしまう方もいると思います。それこそ個人的に始めて一部の友人にだけ閲覧してもらえば良いといった考えで運営している人だっているハズです。

ですが、僕はフリーランスライター(自称)なので、自分の書いた文章や記事をもっともっと多くの人に読んでもらいたいです。ブログは投稿し続けていればPV数こそ増加しますが、僕はちょっとやそっとのPV数では満足できません。常に前日のPV数を上回るように、考えて記事を考え投稿するよう徹しています。

今回はブログ集客術のひとつとして有用な考え方について書こうと思います。

スポンサーリンク

adsense

『みんなが思っているけど言えない事』を書く

サイレントマジョリティの同意を得る記事を投稿すると、PV数は伸びやすいです。サイレントマジョリティとは「物言わぬ多数派」の事で、積極的に発言しないものの内面では多数の者と同意見である多数派を指します。

サイレントマジョリティの同意を得る記事とは「多くの人が心の中で思っているであろう事をブログ記事で代弁する」という事ですね。このブログ集客術は以前より提唱されており、今もなお求められています。

<参考>
「拡散」される記事はたった6つのルールで出来ている(ENJILOG)

特にdopeylogでも『サイレントマジョリティの同意を得る記事』がそれなりに人気です。狙って記事を投稿した僕も思わず「ニヤリ」とします。

サイレントマジョリティの同意を得る記事を作成するには

しかしサイレントマジョリティは自ら意見を発さない為、サイレントマジョリティの同意を得られる記事を意図的に投稿するのは難しいと思います。

なので、まずは思ったことを書いてみることがイチバン手っ取り早いです。

インターネットは本当に便利なもので、日本だけでなく世界中の人間と意思疎通ができます。アナタがふと思った些細な出来事にも賛同してくれる人がきっといるハズです。

例えば、僕なんかはテレビを観る度に嵐やジャニーズグループのメンバーが色んな番組に出演していてウンザリします。

おっと、これは炎上しそうですね。

イケハヤさんではありませんが、バズや炎上は多少なりとも意識すべきだと思います。「炎上しろ」とは言いませんが、読み返してみて炎上するんじゃないかな?と思うくらいの記事が丁度よいのです。

<参考>
ブログの訪問者を増やしたければ賛否両論の記事を投稿するといい

当たり前の事ばかりブログで書いていても面白くないですし、ブロガーたるもの出る杭になってみてはいかがでしょうか。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ブログ運営