カルボナーラつけ麺ってどんなメニューだよ!不安を抱きながら食べてみたよ

      2017/01/06

ずーーーーーーっと気になっていたつけ麺をようやく食べてきました。

カルボナーラつけ麺

嫌な予感しかしない。

このメニュー名を見て「あぁっ、なんて美味しそうなメニューなの?! このつけ麺が私を読んでいるわっ!!」と思う人なんていないと思うんですよ。

でも僕はブロガーとして、このつけ麺に挑戦しなければいけない使命感に襲われたのです。ヤバいですよね、自分でもブロガーってこういう職業なんだなと思いました。

スポンサーリンク

adsense

つくばにある"つけ麺 吉衛門"

ということで、今回訪れたのはつくばに在所するつけ麺 吉衛門というつけ麺屋です。衛門という単語を見るだけで「やぁ」と言いたくなります。

茨城県では可もなく不可も無くなラーメンを展開するゆきむらグループの店舗なので、あまり強い期待はせずに行ってきました。

ババーンッ!!

こちらが吉衛門のカルボナーラつけ麺 並盛 950円です。

この時点ではまだ普通のつけ麺に見えるかもしれませんが、写真左上にあるチーズがカルボナーラつけ麺の要だそうで、これをかけるとただのカルボナーラに変身します。

おそらく、このまま食べてもそれなりに美味しいと思います。

麺の上には半熟卵が乗っているので、グチャグチャにかき混ぜてからスープに投入します。

気になるお味は

意外と美味い!!

最初にカルボナーラの味がフワッと口の中で広がり、後味にスープの辛みがビビッとくる感じです。つまり、上手いこと風味が乖離されています。変にカルボナーラとスープの味が混ざるよりは、こんな感じでふたつの味を楽しめる方が良いかもしれないですね。

麺はちぢれ中太麺で、カルボナーラパスタとは似ても似つかないです。一応つけ麺ですからね、これくらいの差別化もしてくれないと。

つけ麺のスープはチーズに侵されてハッキリとは分かりませんでしたが、メニューには鶏と豚をブレンドしたスープと書かれていました。風邪で喉がやられていたせいか、つけ麺のスープはやや辛く感じました。

食べ終わるころには、スープがチーズに満たされていました。

なんだかんだ麺とスープの相性も良かったので、期待していた以上に美味しかったです。

ただ、スープに含まれていたチャーシューとネギがカルボナーラとはミスマッチの和風味だったのが残念でした。あとチャーシューがメニューの写真と見比べて小さすぎ。

スープが下に沈み、チーズが上に浮いてしまうので、麺を投入したらよくかき混ぜてから食べましょう。

さいごに

普通のつけ麺も食べてみたいと思える美味しさでした。ご馳走様です。

今回訪れたつけ麺 吉衛門はコチラ↓

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ラーメン