「言い切る」ことで得られる説得力

      2017/01/06

PAK93_kokubanimadesyo1063_TP_V

「言い切る」って、実はスゴく大事なんです。

僕はdopeylogの記事数が100を超えた頃から、過去の記事をなるべく読み返すようにしています。

なぜ読み返すかというと、文章力がひどいんですよ。今も大概ですけどね。

読んでいて恥ずかしくなりますw

スポンサーリンク

adsense

曖昧な文章は説得力に欠ける

150912235948_TP_V

特に僕が過去の記事を読み返した時に気になっているのは「曖昧な文章」です。

「~だと思います」や「~ではないでしょうか」といった、自分の思考を示唆するだけの文章です。意思表示しているんだなーとは伝わりますが、なにかこう「心にズッガーン!」とくるものがないんですよね。あれ、デジャヴかな。
ダイソンやiRobotの新製品CMは気持ちが高騰するのに、パナソニックやシャープの新製品CMは冷めた目で見てしまう理由

おそらく、ブログを始めたてだったというのもあり、自分に自信が無かったのでしょう。今でも自分の知らないことに対して自信は無いですが。

しかし、自分の知らないことは調べて、自分の知識にしてしまえば良いのです。現代は並大抵の情報リテラシーさえあれば、インターネットで何でも調べられます。

調べる能力があれば不安は自信に替わります。

しっかりと自分の知識にしたうえで言葉を伝えれば、自身に溢れた説得力のある文章となります。

文法に拘らない

7d64081bc0d320388e9b96d5da6365c8_m

これも僕がブログを始めたての頃に陥った病です。

文法にこだわりすぎると、本質を見失います。本質を見失うと、伝えたかった内容もボヤけてしまうのです。そしてその結果、言葉に説得力が無くなってしまうのです。
ブロガーに必要なのは「キレイな文章の書き方」ではなく「読者を考えさせる文章の書き方」

英語でもそうですが、文法は滅裂でも自信や熱意に満ちた文章であれば相手に伝わります。もはや感情論ですね。

まずは相手に伝えたい内容を前面に押し出し、文法は二の次に考えましょう。文法は後からついてくるものです。

そして僕のように、後から自分の発した言葉を振り返った際に「これはマズい」と思ったら、その時に勉強しなおせば良いのです。

まずは自分の思った通りに言葉を使ってみる。間違えても良いのです。間違った後が大事なのですから。

ちなみに、有名なブロガーさん達は皆それぞれ独自の文法を使っていたりします。その独自な文法も、その人の個性として多くの人に支持される理由となるのでしょう。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ライフハック