車で音楽を聴くならAUXが断然オススメ

      2016/08/27

b362b7ef353da28e92f9e0ab92c1f83e_s

車でドライブしている時こそ、自分の好きな音楽を良い音質で聴きたくなりますよね。

僕はスマホに入れた曲をウォークマンとしても車内のオーディオとしても利用しています。
ウォークマンならまだしも、オーディオとして使うというのはイマイチ分かりづらいと思います。

やり方はとても簡単で、カーオーディオのAUX端子とスマホを繋げれば良いのです。

ちなみに僕は以前、FMトランスミッターを利用していましたが、こちらは激しくオススメしません。残念ッ!

スポンサーリンク

adsense

FMトランスミッターの欠点

まず、FMトランスミッターというのはこういうモノです。

これはBluetoothや充電口に直接挿入し、FM周波数を飛ばしてカーオーディオが音を拾う仕組みです。
ケーブル類が少ないので社内がスッキリする利点があります。

が、僕はオススメしません。

なんでかって言うと、やはりFM周波数を飛ばしているのでノイズが乗ってしまうんですよね。これはどんなに良いFMトランスミッターを使用しても免れないと思います。因みに、すれ違いの車と同じ周波数を出していると、他の車で流れている音楽が聴こえますw
そして安価なFMトランスミッターはモノラル出力が多いです。仮にステレオ出力に対応していても、ノイズが多いとモノラルになってしまいます。これが一番の難点です。

利点、なくね!?

音質重視ならAUX端子を使おう

そして僕がオススメするAUX端子とはコレです。

いわゆるステレオオーディオケーブルと呼ばれるモノで、スマホのイヤフォンジャックと同じ端子です。カーオーディオによってはこのステレオミニプラグを挿し込むAUX端子があるので、このケーブルでカーオーディオとスマホを接続するのです。
ケーブルの質にもよりますが、こちらの接続方法の方が、よりスマホに入っている音源に忠実です。

僕はUngreenというメーカーのケーブルをAmazonで購入しました。L字型のプラグは割と重宝しますよ。

もちろんケーブルなので、FMトランスミッターと比べノイズが少なく、他の電波とも干渉しません。
値段はピンキリですが、1,000円前後のケーブルでもかなり良い音になります。カーオーディオを楽しみたい方は、ぜひ試してみてください。

ステレオオーディオケーブル購入時の注意

ステレオオーディオケーブルの中には「抵抗入り」というモノがあります。
この「抵抗入り」というのは主にマイクケーブルに使用され、マイクのピークを抑えるために使用されます。
よって、カーオーディオの使用目的で「抵抗入り」ケーブルを使うと極端に音量が小さくなってしまい、ほぼ曲が聴こえなくなってしまうのです。

僕は最初に何も考えずに「抵抗入り」を購入してしまったので、泣く泣く返品しました。。
なので、ステレオオーディオケーブルを購入する際は「抵抗なし」を選ぶようにしましょう。

オススメのカーオーディオ

AUX端子のみが必要なのであれば、カロッツェアリアことパイオニアのMVH-3200がオススメです。

カーナビメーカーの金十字ともいえるパイオニアから5,000円台~6,000円台で購入できる手軽なカーオーディオです。

見た目もモダンな感じでカッコいいです。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - 音楽