正社員からアルバイトになって感じた「価値観」の違い

      2016/12/07

-shared-img-thumb-MIYAKO92_gakenokeiji20140727_TP_V

正社員からアルバイトになって3年が経過しました、Dopey(@shunpoko)です。

正社員を辞めた当時は「正社員よりアルバイトの方が幸せ」と思っていたのですが、違いました。

ぶっちゃけどっちも幸せです。

スポンサーリンク

adsense

幸せかどうかは自分次第

僕は正社員の時代からステレオタイプな理想の幸せは生涯必要無いと思っています。

良い車を買ったり一等地に家を購入したりとか・・・全然興味無いっす。

僕の場合、幸せの価値観はその時々によって異なるのでスグに実現できない夢はスグに諦めてしまいます。気分屋なのかもしれませんねw

結局人の幸せは他人と背比べする事でもないので、自分自身が幸せだと思う事をとことん追求すべきだと思います。
ちなみに今はキリンガラナを飲みながらコイケヤポテトチップスのうすしお味をパクつき、Call of Dutyを配信プレイしている時が幸せです。
はやくブラックオプス3やりたいわー。

アルバイトの人の方が面白い

ただし1点だけ正社員とアルバイトで決定的な違いがありました。

主観かつステレオタイプな感想ですが確実にアルバイトの人の方が、面白い人が多いです。
アルバイトの人はぶっ飛んでる人が多い、ホントに。たまに「コイツの人生、大丈夫かな?」って心配になります。

僕が正社員で働いている時は「尊敬できる上司」がいませんでした。
所属が悪かったのか会社が悪かったのか社会が悪かったのかは分かりませんが、心から尊敬できる人は本当にいませんでした。

僕の経験上、正社員で働いている人の話は「苦労話」が多いのです。嫁の愚痴だったり電車で見かけた若者の愚痴だったりと。
僕は他人の愚痴とか改善する気もない苦労話は役に立たないので嫌いです。全然興味がないので「苦労話とかいいっすわ」とか言って会話を避けていました。今思うとすごい冷めてますね!

多くの正社員は「苦労話」を発し、多くのアルバイトは「夢物語」を発するイメージがあり、まだまだ夢を追っている僕からすると「夢物語」が大好物なんですよね。
僕の好みかもしれませんが「こいつとんでもない野望を持ってるな」と思う人にこそ期待しちゃうんです。
歳をとったらこの考えが逆転するのかも・・・と、考えると今はとにかく夢を追いかけたくなりますね。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ライフハック