「時間が無い」を言い訳にする人は自分の株を落としている

      2017/01/29

仕事のミスなどで発する「時間が無い」という言葉。「あー、この人は大変な思いをしてるんだなぁ」と同情する人も多いと思います。

が、

じゃあどうするの?ってハナシ。

「時間が無い」を連発していては前に進めません。解決案を考えて行動し、前進するしかないんです。

スポンサーリンク

adsense

なぜ時間が無いのか?

よくお金と時間は天秤にかけられますよね。以前、僕も記事で取り上げました。

<参考>
「時間とお金どっちが大事?」を真面目に考えた

お金は不平等ですが時間は平等です。みな同じ時間を共有しているのですから。

であれば「時間配分が間違っている」と考えるのが妥当です。

タスクには優先順位を

よく新入社員でなんでもかんでも仕事を引き受けていっぱいいっぱいになってる子がいます。

そんな人達は次の3点を実行してみて下さい。

  • 作業の優先順位を決める
  • 他の人に作業を任せる
  • 断る勇気を持つ

作業の優先順位は自分に課せられたタスクにおける緊急性と重要性にフォーカスを当てて判断します。
もしかすると、全く必要の無い作業をしてしまっているかもしれません。一度、冷静に考えてみるだけで色々見ててくるモノです。

手持ち無沙汰な仲間がいれば作業を預けましょう。そして自分しかできない作業だけ自分で処理すれば良いのです。

最後の断る勇気、これはホントに大事。どうしても自分の時間が必要な時は誘いの手を断るのもひとつの手段です。世の中にはとんでもない時間泥棒がいるので、自分の時間は自分で確保できるようにしたいですよね。

慣れない時は誘いを断る事に抵抗を持つと思いますが、1回断ってみると自分の中で「断れる基準」が作れます。

それでも時間が無い

時間をお金で買うのもひとつの手段ですよね。

歩き移動をタクシーにする、食事は自炊せずにスーパーで買って済ませる、家事サービスを利用する、職場までの距離が近い家に引っ越すなど方法は色々あります。

遠くの安いスーパーよりも、近所の高いスーパーで買い物をする、というのも全然アリですよね。

ちなみに僕は食洗器と乾燥機が大好きです。

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ライフハック