Core i5-6500とCore i7-4790で迷っている俺へ

      2016/08/27

By: Shinji

今回はCPUだけにコアなお話です。

最近BTOでパソコンを購入しようとしているのですが、Intelの第6世代CPUが発売されたこともあり、悩んでいます。

用途としては動画のエンコードと若干ゲームもやりたいかな。CoD:BO3をやりたいねん。

同じように迷ってる人へ役立つようにメモっておきます。

スポンサーリンク

adsense

今回の比較対象CPU

または


Intel Core i7-4790

この2つ。

なぜ悩んでるのか

最初はBTOパソコンを買う時にそこそこ高性能なCPUを選ぼうとしてCore i7-4790で検討していたのですが、買おう買おうと留まっている間に第6世代のSKYLAKEが発表され、せっかく買うんだから新しいのがいいよなーと思ってしまった次第です。

だって名前SKYLAKEですよ?
メタルコアバンドみたいでカッコイイじゃないですか?

まぁでも所詮はPCのパーツなんで、性能と価格で選ばなきゃいけないんですよ。

Core iなんちゃらでも断然カッコイイんですけどね。

価格はパフォーマンス相当

CPUなので処理速度に着目してみましょう。
まずは処理速度の指標となるクロック周波数。

Core i5-6500 : 3.2GHz
Core i7-4790 : 3.6GHz

処理速度では8スレッドのi7-4790が優れています。
シングルコアでの処理速度、マルチスレッドでの処理速度、メモリ集約などを統合して比較すると、i7-4790はi5-6500の1.28倍パフォーマンスに優れているという結果になります。

この処理速度の差は価格にも大きく影響が出ています。

Core i5-6500 : 3万円しない
Core i7-4790 : 4万円以上

ちなみに、SKYLAKE最大の特徴は消費電力にあります。
この消費電力では大きな差が出ました。

Core i5-6500 : 65W
Core i7-4790 : 84W

つまり、トータルコストでは断然i5-6500に分があるという事になります。

まとめ

Core i5-6500は消費電力が低く価格的にも入手しやすいが、パフォーマンスには優れない。
Core i7-4790はパフォーマンスに優れているが、消費電力が高く価格も高い。

2015/11/11 追記
Core i5-6500搭載パソコン買っちゃいました!
ドスパラで最新CPU搭載のパソコンを買ったお話

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - IT