ブログを書き続ける為にやるべき「4つのコト」

      2016/09/01

78910bf8354d60390238290c73bf7cd2_m

TABI LABOではありません、Dopey(@shunpoko)です。偉そうなタイトルを付けてみましたが、同じ悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

かつての僕は「ブログを作っては2, 3記事だけ投稿して放置」を繰り返す飽き性ブロガーでした。ブロガーと名乗るのもおこがましいですね。

そんな僕は現在4つのブログを運営していますが、毎平日の投稿を継続しています。因みにGreen Cornは最低でも1週間に1記事は投稿するように決めています。

今回はそんな飽き性ブロガーだった僕が、継続してブログの記事を投稿出来るようになったキッカケをまとめました。多少アフィリエイター向け。

スポンサーリンク

adsense

自分の興味があるジャンルにだけ参入する

以前はアフィリエイトで報酬額が比較的に大きいジャンルに着目しブログを運営していましたが、記事が思うように上手く作成できず、長続きしませんでした。

特に、女性でも無く興味も無い女性向けの美容や健康、ダイエットに関するブログの運営はものすごくつまらなかったです。当然、文章のクオリティも・・・。

興味がある分野でマイペースに更新を続けていくことが大事。
まずは記事投稿を楽しめるようになりましょう。

ブログ運営にお金をかける

以前は何のリスクもない無料ブログで書きたい時に書き、飽きたら放置の繰り返しでした。しかし、サーバーをレンタルし、ドメインを取得し・・・とブログ運営を有料化した途端、目が覚めたかのように、更新量が増えました。お金マジックです。

少なくとも運用費をペイ出来るまでは頑張って更新しましょう。
意外とレンタルサーバーやドメインって安いんです。

電車内では音楽を聴かない

僕が記事を書く場所は、通勤時の電車内が圧倒的に多いです。

ちょっと前まではiPodに曲をふんだんにブチ込んで「この曲のこの部分がたまんねー!」なんて事を電車の中ひとりでやっていたのですが、最近はよっぽど聴きたい時にしかiPodを使っていません。

その代わりに、目と耳を研ぎ澄ませます。電車内の広告や同乗者のファッション、いじっているデバイス(端末)、操作しているアプリ、人同士の会話、外の風景などを気にするようになり、インプットが格段と増えました。

書きたい時だけ文章を書く

モチベーションを保つ為にも、僕の中ではこれが1番重要です。でも、人によっては一気にガーッと書いてしまった方が良いかも。お好みで。

ちなみに僕の場合、書きたくない時に無理やり書いた記事はクオリティが低く、後で読み返した時に「なんだこのダサい文章は・・・」と後悔してしまいます。

まとめ

なんだかんだ僕も模索中です。

まずは自分のペースで始め、慣れてきたら自分の更新スタイルを身に付けてみるのが良いです。
あまり義務感を背負いすぎちゃうと投げ出しちゃうので(笑)

シェア

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が面白いと思ったら、ぜひシェアをお願いします!

 - ブログ運営